ついに来た多井隆晴、連勝で望みをつなぎ、ファンを泣かせる!!

ついに来た多井隆晴、
連勝で望みをつなぎ、
ファンを泣かせる!!

3月24日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その6日目2回戦は、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)がトップを獲得。
渋谷ABEMASは、これでKONAMI麻雀格闘倶楽部を交わして3位に浮上した。

対局者は、
EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、
赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
そして。

並びは、村上・前原・滝沢・多井。

東1局、親の村上がリーチの前原を追いかけて、タンヤオピンフ・赤の12000点をアガる。
他3者はドリブンズのトップだけは避けたいところ。

同1本場、さらに親マンガンをテンパイしている村上。
そこへ前原がリーチで攻める。
今度は村上が一発でつかみ、8000点を返却する。

東2局1本場、多井がドラのをポンして、ドラ3・赤1の跳満を前原からアガリ、多井がトップに立つ。

しかし南2局1本場、村上が前原からリーチ・一発・ドラ3・赤1・ウラ1の跳満をアガって、再度トップに立つ。

南4局、多井のラス親は、2軒リーチの村上1人ノーテンで、多井がトップ逆転。

同1本場は滝沢が前原からアガって、村上のトップを防ぎ、多井が嬉しいトップとなった。

多井は勝利者インタビューで、
「ちょっとだけ仕事ができました。レギュラーシーズンも中盤辛い展開で、ファンを泣かせてしまったんで。残り全部トップ取るつもりで一打一打大切に打ちます」
と語った。

【Result】
1着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)  3万9200点/+59.2
2着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)3万8700点/+18.7
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟) 1万6700点/▲23.3
4着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟) 5400点/▲54.6

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +468.1(17/24)
2位 EX風林火山 +184.3(17/24)
3位 渋谷ABEMAS ▲162.5(17/24)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲241.4(17/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ6日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする