佐々木寿人、リーチ棒は出してナンボ!! チーム初トップ!!

佐々木寿人、
リーチ棒は出してナンボ!!
チーム初トップ!!

3月24日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その6日目3回戦は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
2戦目にABEMASに奪われた3位に再浮上した。

対局者は、
EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)、
赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、
渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、
そして佐々木。

並びは、二階堂・鈴木・佐々木・多井。

まずは東2局に、二階堂がマンガンをツモって先行。

東3局には、多井がトイトイ・三暗刻・赤1をツモってトップ逆転。

東4局2本場は、二階堂と佐々木のリーチ合戦。
勝ったのは二階堂。チートイツの地獄待ちに、多井が飛び込んで、赤2のマンガン。
再び二階堂がトップ目に。

南1局は、鈴木と佐々木のリーチ合戦。
手詰まった二階堂が、佐々木に一発で放銃。
ピンフ、ウラ1のマンガンで佐々木が浮上する。

決め手となったのは、南3局1本場。
をポンした佐々木が、多井からトイトイ・ドラ3・赤1の18000を直撃。
佐々木が、ファイナルシリーズ初トップをもぎ取った。

佐々木は勝利者インタビューで、
「(トップがとれなくて)ファンの皆様に申し訳ない気持ちでいました。チームカラーである攻めの姿勢で、きっかけが掴めるまで打ち続けようと。それはこれからも変わりません」
と語った。

【Result】
1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)4万3800点/+63.8
2着 EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)2万7500点/+7.5
3着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)   2万2100点/▲17.9
4着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) 6600点/▲53.4

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +450.2(18/24)
2位 EX風林火山 +191.8(18/24)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲177.6(18/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲215.9(18/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ6日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」