Mリーグ2018ベストオブ【勝又健志】〜21人のMリーガー名場面集〜




Mリーグ2018

ベストオブ【勝又健志】

21人のMリーガー名場面集

文・ゆうせー

 

3分間でプレイバック!

EX風林火山 勝又健志の

限界ギリギリカウンター

 

11月20日 2戦目

現在2着目、親番白鳥の手が良い。

3巡目にこの形になって打とする。

次巡、

を引いて打。早くもイーシャンテンに。

同巡の勝又、

を持ってきて、

とした。これは親番白鳥の、

3巡目手出し→4巡目手出しに対応した一打だ。

どういうことかというと、

「メンツ手の場合には、真ん中のを切って字牌のを手に置けるくらいに、手牌が整っている」

と読めるのである。

また、白鳥は2着目の親番だ。

「安全牌のを持たずに、攻撃的に構えている」

可能性が高いとも考えられる。

だから勝又は、手牌には不要ながらも3枚切れのを持ちつつ、愚形リーチを打たない方向性のもと、白鳥に通っていないからペンチャンを払って手牌に白鳥の安全牌をとどめたのだった。

何気ないペンチャンターツ外しに見えるが、そこには勝又の先見の明が込められている。

次巡、

白鳥があっさりとテンパイ!

 

一気にトップへと駆け上がることの出来るこの手。ここは何としてもアガりたいところだ。

そのリーチを受けた勝又、

を引いてきて、

。自身の手はテンパイまでは程遠い。

白鳥の安全牌の中で、

他家に一番危険な牌を切って守備的に構えた。

すると、

勝又のに対して、小林が少考。

「チー」

小林がカンでチーをして、

とした。も通っておらず、タンヤオでアガるのならのメンツは完成させておきたいところだ。アガれる可能性自体は低いものの、一発を消す意味合いも込めてここは小林、一歩前に出た。

小林自身が微差のラス目で、リーチ棒込みの1000点のアガリ&白鳥のアガリ阻止や、流局時の形式テンパイに価値が高い、という判断要素もある。

次巡勝又、

を引いて現物のを切る。

その次の巡目は、