Mリーグ2018ベストオブ【松本吉弘】〜21人のMリーガー名場面集〜

その4巡目の松本の手牌

ここで早々にドラターツのピンを切ります。ここは高い手はいらない。ドラのピンが重なればハッピーだし、ピンももともと二度受けなのででフォローできます。

次巡、をツモり、

計画通りピンを切る。

9巡目に亜樹がリーチ。

松本は横に横に伸ばし、12巡目テンパイ。

そして次巡をツモアガります。

テンパイしたけどアガれなくてジリジリして、オリる展開になることは得てしてよくありますが、この局の松本は戦略がドンピシャハマりました。

松本はまさにバランス型。なんでもできます。

奇策はしない。

偏った戦法をとらない。

状況によって柔軟に打ち方を変える。

「乱数」が少ない、「王道」の麻雀を打ちます。

しかしこの南3

前原がリーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1に裏ドラ2枚を乗せるという「乱数」が出て、松本は1000点差の超微差のトップになってしまいます。

南4局 ドラ

1000点差なのでリーチするのは厳しい。1000点でいいので役がある手にしていきたい。

高い手はいらないのでドラのも早々に切ります。

そして6巡目、松本にテンパイが入ります。

切りの役なしリーチはリスクが大きい。かといってダマテンにしても役なしなのでツモるしかない。ここはテンパイを崩して、役を作りに行きます。

というわけで、ピンフタンヤオが見える手にするため、

を切る。

そして次巡、を持ってくる。

アガれてた!

その後、

待ちのテンパイを入れます。

計画通り、なのですが、10巡目、

これまた最初のテンパイ型でアガれてたをツモってくる。

メガネを上げ、目頭をかく。

その仕草が松もってぃの可愛いところです!

この選択は間違っていないと思っているが、やはりアガれば勝ちというところでこの牌を見せられると眉間にしわがよって当然です。

結局は亜樹がハネ満をツモり、

松本がトップで終わります。

ピンチだったけど今度はきちっと勝つところが

「ミスターPV(パブリックビューイング)」です。

松本の最終形は

タンヤオで出アガりができる、会心の形になっています。

「どこか工夫ができたはず」と松本選手自身は思っているかと思いますが、自分の麻雀ができたのではと思います。

たくさん「思っています」という言葉を使ってしまいました。

実際のところご本人がどう思って戦っているかは、4月23日に発売される「初代Mリーガー 松本のベストバランス麻雀」に記されていると思いますので、みなさま、ぜひ!

 

ちなみに。

松本選手のレギュラーシーズンは、1着7回、2着7回、3着6回、4着7回。どの順位もまんべんなく取っています。

松本選手は22.1ptの21選手中10位。

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!