Mリーグ2018ベストオブ【松本吉弘】〜21人のMリーガー名場面集〜

Mリーグ2018

ベストオブ【松本吉弘】

21人のMリーガー名場面集

文・花崎圭司

 

Mリーグが終わって、MリーガーたちはMリーグから離れ、それぞれの動きをするようになってきました。

というよりも、「Mリーガー」という肩書きがついたため、その動きが目立つ、注目されるようになったのかもしれません。

去年の今ごろ、松本吉弘プロが配信対局をしていても、そういうプロがいるんだ、それぐらいだったかと思います。

1年で大きく環境が変わりました。

「Mリーガーとしての責任」

は、このオフシーズンの方が大きいかもしれません。

さて。

「麻雀プロのカラオケ紅白歌合戦2019」

という番組配信で、

松本選手がカラオケを歌いました。

その曲はSMAPの「らいおんハート」でした。

ええ!? 違うよ! 松もってぃはコブクロさんでしょ!

顔やメガネ、そして身長や声の響き方、コブクロの黒田さんそっくりじゃないですか!

コブクロの「轍」とか歌ってほしい!

五感の中でも「触感」フェチといってもいい私ですが、松本選手の声は「耳触り」がとてもいいのです。

これは「聴覚」というより「触覚」で感じるものなのです。

――いきなり荒ぶってしまいました。

松本吉弘選手のMリーグ名場面について語らないといけません。

松本プロは序盤はセルフレームのメガネでしたが、後半はメタルフレームに変わっていましたね。なぜ変わったのか、変えたのか、その理由を聞きたいところです。

――こういうことでもないですよね。

 

2018年11月9日 第2回戦

座り順は

東家・魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

南家・松本吉弘(渋谷ABEMAS)

西家・二階堂亜樹(EX風林火山)

北家・前原雄大(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

この日はパブリックビューイング。前回のパブリックビューイングは佐々木寿人選手に国士無双を放銃したので捲土重来、否が応でも気合いが入ります。

その東1局。ドラは

開局早々、松本に手が入ります。

配牌は、

ピンズがリャンメン型になるツモ。

ホンイツ、チンイツも見えます。

5巡目

チンイツにタンヤオも見える! 東発から勝負手!

ピンを切り、高打点に向かいます。

6巡目、をチーでイーシャンテン。