優勝は手塚紗掬プロ! 第3回姫ロン杯チャンピオンシップ決勝戦レポート





5月12日、第3回姫ロン杯のファイナルとなるチャンピオンシップが開催された。

姫ロン杯チャンピオンシップは、麻雀リオダイヤモンドカップ・麻雀カボオーロラカップ・麻雀ブルエンプレストーナメント・麻雀さんクイーンカップの優勝者・準優勝者、計8名の出場者で行われる大会。
第1回は吉元彩プロ、第2回は田中智紗都プロがそれぞれ優勝した。

それぞれの大会の優勝者および準優勝者で予選2回戦を行い、勝ち上がった4名が雌雄を決する。

対局者は、
田中智紗都手塚紗掬黒沢咲上野あいみの4名。

半荘2回戦のトータルポイントで争われる。

(予選1回戦の模様はコチラ
(予選2回戦の模様はコチラ

 

第3回姫ロン杯チャンピオンシップ決勝戦

1回戦は手塚・上野・黒沢・田中の並びでスタート。

さすがに決勝戦に勝ちあがってきた猛者だけあって、ぶつかり合いの多い展開となった。

東2局、

man3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ドラpin3-66-90-s-emb

黒沢が上の手でタンピンドラ1のマンガン確定リーチをかけるも、

man3-66-90-s-embman3-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-emb ツモsou3-66-90-s-emb ドラpin3-66-90-s-emb (pin3-66-90-s-embは赤牌)

手塚がタンヤオ赤ドラのマンガンツモで、黒沢のアガリを阻止する。
しかし東3局、再び黒沢に大物手が入る。

man3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-emb
この手を11巡目にリーチ。
すると次巡、手塚が親リーチに真っ向勝負をかけてくる。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-emb (pin3-66-90-s-embは2枚とも赤牌)
この2軒リーチに挟まれて、窮地に陥ったのが上野。

pin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-emb
この手がテンパイすれば、どちらかに放銃になってしまう。

そして上野、pin8-66-90-s-embをツモってテンパイ。

pin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-emb

万事休すかと思われたが、pin1-66-90-s-embを切ってオリを選択しことなきを得る。

そのアオリを食らう形になったのが手塚。
sou4-66-90-s-embを掴んでしまい、12000の放銃となってしまった。

man3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-emb ロンsou4-66-90-s-emb アンカンsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embドラsou8-66-90-s-embji4-66-90-s-emb ウラsou2-66-90-s-embji2-66-90-s-emb

南2局1本場、田中の先制リーチに対して、親の上野が追いかける。

田中:pin2-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ドラpin5-66-90-s-emb

上野:man3-66-90-s-embman3-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embman9-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-emb ドラpin5-66-90-s-emb (pin3-66-90-s-embの1枚は赤牌)
互いに待ちは山に1枚同士の対決。
これは田中に軍配が上がり、pin6-66-90-s-emb3000・6000のツモアガリとなった。
南3局1本場、田中が先制リーチをかけ、親の黒沢が追いかけるリーチ合戦。

田中:man1-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman6-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ドラpin5-66-90-s-emb

黒沢:man3-66-90-s-embman3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ドラpin5-66-90-s-emb (pin3-66-90-s-embの1枚は赤牌)
田中のman4-66-90-s-embman7-66-90-s-embは山に2枚だが、黒沢のpin4-66-90-s-embpin7-66-90-s-embはなんと山に6枚!
田中がpin4-66-90-s-embを掴んでしまい、12000点の痛い放銃となってしまった。

田中は終始リーチをかけ続け、攻勢をかけてきた。しかしこの1局が大きく響き、1回戦は黒沢がトップとなった。

 

1回戦結果
黒沢 46.9
上野 24.0
田中 15.1
手塚 14.0

2回戦は、田中・黒沢・上野・手塚の並びでスタート。

東1局、田中が11巡目にリーチをかけてツモアガる。

man1-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-emb ツモman9-66-90-s-emb ドラji4-66-90-s-emb ウラman5-66-90-s-emb (pin3-66-90-s-embは2枚とも赤牌)

幸先のいい4000オール。
同1本場は1000オール、2本場は1人テンパイと、しぶとく親番をキープする。
同3本場、田中の親を落とすべく、上野がリーチ。

pin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou9-66-90-s-emb ドラman5-66-90-s-embpin3-66-90-s-embは赤牌)

そして同巡、手塚も追いかけリーチをかけて、

man6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embman9-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-emb ドラman5-66-90-s-emb

man9-66-90-s-embを一発ツモ! 田中にマンガンの親被りをさせることに成功した。

 

東3局2本場は三つ巴のリーチ合戦となった。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-emb アンカンpin2-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin2-66-90-s-emb ドラsou1-66-90-s-embpin3-66-90-s-embは赤牌)

手塚が6巡目にリーチをかけると、すかさず田中が追いかけ。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman6-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embman9-66-90-s-embpin9-66-90-s-embpin9-66-90-s-embpin9-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-emb ドラsou1-66-90-s-emb

そして3巡後に親の上野も参戦。

man1-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ドラsou1-66-90-s-emb

手塚のsou2-66-90-s-embsou5-66-90-s-embは山に2枚。田中のsou1-66-90-s-embと上野のsou3-66-90-s-embはそれぞれ山に1枚のみ。

この大きな山場を制したのは、手塚だった。力強くsou5-66-90-s-embをツモり2000・4000とリーチ棒を得た。

 

東4局は手塚と黒沢の3メンチャン対決。

手塚:man1-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embsou1-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ドラpin9-66-90-s-emb

黒沢:man1-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ドラpin9-66-90-s-emb

手塚が黒沢からman1-66-90-s-embを討ち取り、12000の大きいアガリをものにする。

これで手塚が磐石かと思われたがさにあらず。

 

東4局1本場、田中が345三色確定のピンフでリーチ。

man3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embji3-66-90-s-embji3-66-90-s-emb ドラman1-66-90-s-emb

親番の手塚がテンパイを入れて、sou9-66-90-s-embを切って放銃となり8000点の失点。
東場を終えて、総合トップは田中。しかし2番手の手塚とはわずか600点差である。
ラス目の上野にしても、6000オール1回で並びとなるポイント差。
全員に親番が残っている現状では、まったく予断を許さない。

 

南1局、終盤で鳴いてテンパイを入れた田中だが、テンパイ打牌が手塚に捕まる。

pin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ロンpin3-66-90-s-emb ポン→カンji2-66-90-s-embji2-66-90-s-embji2-66-90-s-embji2-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-embsou6-66-90-s-emb

これで手塚が逆転し、総合トップに立つ。

続く南2局は、田中が9巡目にリーチし、軽々とドラ表示牌のpin7-66-90-s-embをツモアガって2000・4000。これで黒沢の親を落として、田中が総合トップに立つ。

man1-66-90-s-embman2-66-90-s-embman3-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou8-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-emb ツモpin7-66-90-s-emb ドラpin8-66-90-s-emb (pin3-66-90-s-embは赤牌)

 

南3局、後がない上野はなんとしてでも親番を死守したい。
5巡目に先制リーチを打つと、安全牌のない田中が一発で放銃。田中が3900点を失い、またもや総合トップが手塚に入れ替わる。

man3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman6-66-90-s-embman7-66-90-s-embman8-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embsou2-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embji7-66-90-s-embji7-66-90-s-emb ロンman2-66-90-s-emb ドラji4-66-90-s-emb

同1本場、今度は田中が上野とのリーチ合戦を制し、2000点+リーチ棒を奪い返す。

そして、いよいよ最終局を迎える。

オーラス時の総合ポイント
手塚 61.8
田中 61.4
黒沢 45.8
上野 31.0

2回戦南4局、トップの手塚と2位の田中の差はわずか0.4ポイント。もちろんアガった方が優勝である。
3位の黒沢はバイマン出アガリ条件だが、リーチ棒が1本出ればハネツモOK。
4位の上野は役満の出アガリかツモ条件となる。

ラス親の手塚に好配牌が入り優勝は決まったかと思われたが、これが一向にテンパイしない。

man6-66-90-s-embman7-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou7-66-90-s-emb ドラpin6-66-90-s-emb
一方、田中もなかなかテンパイせず中盤過ぎにチートイツに移行する。

しかしこちらもテンパらない。

結局オーラスは全員ノーテンで終了し、ポイントそのままで手塚が第3回姫ロン杯の優勝者に決定した。0512_himeron_final

▲優勝が決定した瞬間、崩れ落ちる田中プロ。

2回戦結果
手塚 47.8
田中 46.3
上野 7.0
黒沢 ▲1.1

総合ポイント
手塚 61.8
田中 61.4
黒沢 45.8
上野 31.0
IMG_3003
この動画はコチラで視聴できます。⇒ https://abemafresh.tv/himeron/10023





  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です