ホリエモンこと堀江貴文が「麻雀最強戦2016 著名人代表決定戦 」で優勝!! そしてプレゼンターにはまさかのあの人が!!





「麻雀最強戦」とは日本で一番麻雀が強いものを決める戦い、今回は「著名人代表決定戦 麻雀代理戦争」。各界の著名人雀豪たちがしのぎを削る!!

本日5月21日に「麻雀最強戦2016 著名人代表決定戦 麻雀代理戦争 」が開催された(司会・実況:小山剛志/解説:馬場裕一・勝間和代)。

出場者は、綾辻行人(ミステリ作家)・トレンディエンジェルたかし(お笑い芸人)・ヒデオ銀次(演歌歌手)・堀江貴文(実業家)・押川雲太朗(漫画家)・加賀まりこ(女優)・福本伸行(漫画家)・本郷奏多(俳優)の8名。

A卓、B卓 の順に半荘1回勝負を行い、各卓上位2人を決定。上位2人が決勝卓に進む。決勝も半荘1回勝負を行い、その優勝者が著名人代表決定戦 麻雀代理戦争の代表として12月11日に行われる「麻雀最強戦2016決勝ファイナル」に進むことができる。

決勝戦には、A卓から堀江貴文とトレンディエンジェルたかし、B卓からは加賀まりこと本郷奏多が勝ち上がった。

著名人パワー恐るべし! 緑一色VS四暗刻!?

決勝戦は、東2局の親番で得点を稼いだ堀江が終始場をリードし、加賀、たかし、本郷らの猛攻を凌ぎ切り優勝を勝ち取った。

中でも出色の一局は、東2局1本場・ドラはsou8-66-90-s-emb

親の堀江がホンイツトイトイ・高目ji5-66-90-s-embでテンパイ。

sou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou9-66-90-s-embsou9-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-emb ポンsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-emb

そして本郷が次の手でリーチ。

man2-66-90-s-embman3-66-90-s-embman4-66-90-s-embman5-66-90-s-embman5-66-90-s-embpin4-66-90-s-embpin5-66-90-s-embpin6-66-90-s-embpin7-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin9-66-90-s-embsou7-66-90-s-embsou9-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-emb

ドラのカンチャン待ちである。
さらに加賀が次の形で追いつく。

pin1-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin2-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-emb

しかし加賀はここに堀江のアタリ牌のji5-66-90-s-embをツモり、打pin2-66-90-s-emb。いったんテンパイを壊す。

すると堀江が本郷のアタリ牌であるsou8-66-90-s-embを掴み、切れずに打sou9-66-90-s-embで待ちを変える。

同巡、本郷が今まで堀江のアタリ牌だったji5-66-90-s-embをツモ切ると、堀江がポン。

sou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou4-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou6-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ポンji5-66-90-s-embji5-66-90-s-embji5-66-90-s-emb ポンsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-embsou3-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-emb

フリテンながら緑一色のテンパイ(捨て牌にはsou7-66-90-s-embがある)!

次に加賀が切れなかったji5-66-90-s-embを処理すると、pin1-66-90-s-embがアンコになり、なんとこちらは四暗刻のテンパイ。

pin1-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin1-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin3-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embpin8-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou5-66-90-s-embsou8-66-90-s-embsou8-66-90-s-emb ドラsou8-66-90-s-emb

2人が同時に役満テンパイという、「近代麻雀」に出てくるような、まさに奇跡の一局となったのだ。

結果は流局し、どちらもアガることはできなかったものの、著名人パワーをまざまざと見せ付けられた場面だった。0521_saikyousen_01

 

エンディングにはまさかのあの人が…!?

そして優勝した堀江さんには、いつもなら大会実行委員長から12月に行われる「麻雀最強戦2016ファイナル」のチケットが送られるのだが、この日のプレゼンテーターはなんとサイバーエージェント社の藤田晋社長! 一時「坊主マッチ流局事件」で不仲が噂されたものの、どうやら仲直りしたことを内外にアピールできたようであった。(文中敬称略)0521_saikyousen

なお、この対局の模様は、麻雀最強戦チャンネルから視聴できます(要会員登録)。
⇒ http://ch.nicovideo.jp/mahjongsaikyosen





  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です