パイレーツに暴風直撃!女海賊・瑞原明奈を飲み込んだMリーグの荒波【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司




熱論!Mリーグ【Thu】

パイレーツに暴風直撃!

女海賊・瑞原明奈を

飲み込んだMリーグの荒波

文・真中彰司【木曜担当ライター】2019年10月10日

雀荘でもMリーグの話題が聞こえるようになってきたここ最近。

「いま最もノリに乗っているMリーガーは?」

と聞かれたら、私は真っ先にこの選手の名前を挙げるだろう。

U-NEXT Pirates・瑞原明奈

Mリーガーの中で唯一開幕2連勝を達成し、個人スコア1位を絶賛航海中だ。

どこまで連勝を伸ばせるか、期待がかかる彼女。

3戦目の相手はこの3人となった。

(起家から順に)

鈴木たろう(赤坂ドリブンズ)

勝又健志(EX風林火山)

瑞原明奈(UNEXTパイレーツ)

松本吉弘(渋谷ABEMAS)

前回の「美女と野獣」の卓とは打って変わって、再び硬派なメンツ。

瑞原はパイレーツを背負って荒波を超えてゆけるのか?

 

1の荒波:IQ220の超絶アザラッシュ

それは東2局1本場のことだった。

親は麻雀IQ220の男・勝又健志。

待ちで先制リーチをかける。

「皆さん、向かって来られますか?」と、相手を威嚇するようなリーチだ。

次巡、瑞原がを引いてテンパイを入れる。

打ち出すは無筋だが…

「単純な待ちなら、リーチまでは引っ張らないでしょ?」

そう読んで、静かにを河に置いた。

しかし、次に持ってきたで少考。

「勝又さんはツモ切り、そしての手出し

固定はありそうだし、1000点の手で勝負する牌じゃないわね取舵いっぱい!エンジン逆回転!」

を打ち切れず、メンツからを抜いた。

ところが数巡後に持ってきたのは、薄かった

これが唯一のアガリ道だったというのか。

この局の後も勝又のリーチラッシュに遭い、瑞原はしばらく反撃のチャンスを見出せなかった。

 

2の荒波:よくばりゼウスの鉄槌

続いて東3局、瑞原の親番。

全く無駄の無い手順で瑞原が先制リーチ。

「面舵いっぱい!これで反撃開始よ!」

も山に2枚の、まさに完璧なリーチ。

これは流石に勝ったかと思われた。

しかしそこに、スッと生牌のを押した選手が1人。

ドリブンズのゼウスこと、鈴木たろうだ。