誕生日には花束よりも点棒を!二階堂亜樹のトップを祝った僥倖ダブリーetc.【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

自分が親番なのにも関わらず亜樹がダブルリーチ!七対子の単騎待ちで勝負に来た。

これが誕生日の力と言わんばかりに瀬戸熊から6400を打ち取った。

日向の良かった点は3着目になる確率が上がったことか。

さらに東4局、亜樹の親番では

タンヤオツモ赤の2000オールでリードを広げた!

しかし日向もここから粘り始める。

東4局2本場ではこの一発ツモ!

そして南1局でもアガって連続での1300-2600!瀬戸熊を追い越した!

南3局では

亜樹が日向の親番で2000-4000の大きなアガリ!1着を手中に収めると同時に、3着争いの激化した。

オーラス

微差の4着目まで落ちた瀬戸熊は暗槓後、最高のリーチ!

待ちでのリーチと出た!裏ドラ次第では跳満まで望めて、2着浮上も十二分にあり得る。

これを受けてテンパイをしたのが日向。

この単騎待ちテンパイになった。何を切るか非常に難しい。ノーテンだと4着に確実に落ちるのでテンパイないしはアガリに行くしか道は無い。

ただ…。カンで多少道筋は簡単にはなった。

ここはドラ単騎待ちリーチ!こちらも跳満ツモだと単独で2着に上がる。瀬戸熊の形よりもこちらのほうが跳満にはなりやすい。

しかしを掴んだ日向はリーチ赤ドラの6400の放銃。

これで瀬戸熊は3着に浮上して、亜樹のトップが確定した。

本日トップを取った亜樹は誕生日を迎えていた。

いつまでたっても変わらぬ美貌で麻雀界を引っ張ってきた亜樹。

この笑顔を見れた風林火山サポーターは非常に喜んだのではないだろうか。

パブリックビューイング会場にいた人たちが非常に羨ましく感じた。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!