自らの魂をリーチ棒に乗せて…赤坂ドリブンズ村上淳が出したファイナルアンサー【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

がいた!

リーチ赤3、村上の8000点のアガリとなった。

少しホッとした表情の村上だった。

東4局

7巡目、親番の村上に、

このテンパイが入る。どうする…

ここで村上は自分の手牌を見つめ、

リーチ!

意を決して力強くリーチを宣言した!

ダマテンでも出アガリ9600のテンパイ。またドラ引きなどの手変わりもあるが、ここはビハインドを背負っている親番だ。リーチをかけることによって他家をおろし、1枚でも多く牌をツモろうという作戦をとった。

ツモった場合には、裏ドラが乗るとハネマンになる。他にも…

ツモ!!

村上のツモ発声と、「うわぁぁーーーーーーーーー!!」という実況小林の叫び声が重なった。なんと村上を一発ツモ!一発がついてもハネマンだ。

積極的なリーチ判断が功を奏した。リーチ一発ツモダブドラ。鮮烈な6000オールのアガリで、村上は戦線復帰した。

獲物を狙う、ハンターの眼差し。まさに闘争心が漲っている。

南1局

飛び交った高打点が嘘のように、比較的平らな状態で迎えた南場。村上の4巡目、

村上の選択は…

さらに次巡、

を引いて、打ホンイツを色濃く見た形だ。

次に、

を引いて、打を引いた待ちのリーチや、を引いてテンパイした後のマンズの一通変化、含みのシャンポン待ち変化まで視野に入れた選択だ。

次に持ってきたのは…

だ!ホンイツに方針決定!

村上はこのように、打点の可能性を見落とさずに打つのが得意な打ち手だ。さらにこの手では、リーチ手順も見据えて手牌進行をしていたところも見逃せない。

そして次のツモは、

だ!これでメンホンの満貫テンパイ!

「リーチ」

リーチがかかったのは村上ではなく、親の前原からだった。Mリーガーたちは、そう簡単に村上にアガらせてはくれない。

ここで、

萩原からが打ち出された!

ポン!

村上がをポンして、待ちに受け変えた。ホンイツの満貫三面張テンパイ。

勝負の行方は…

前原がつかんだのはだ。

リーチ棒込みで9000点を得た村上、これでトップ圏内か…

しかし、

南2局、村上は萩原に5200を放銃してしまう。

さらに、

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!