沢崎誠、 単独首位の6勝目獲得!! サクラナイツ、300越えの独走態勢!?

沢崎誠、
単独首位の6勝目獲得!!
サクラナイツ、300オーバーの独走態勢!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の35日目第1戦は、沢崎誠(KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。チーム・個人ともに首位の沢崎がポイントを伸ばしたことで、チームは307.7、個人も341.4ポイントとまさに一人旅状態となった。

1回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・丸山奏子、EX風林火山・勝又健志、渋谷ABEMAS・白鳥翔、そして沢崎

試合は沢崎と白鳥がアガリを重ね、徐々に2人のマッチレースとなる。

白鳥が3万4000点、沢崎が2万7800点で迎えたオーラス1本場、白鳥はポンから仕掛けてチンイツに向かう。沢崎、白鳥がドラのを切ったのを尻目に、を切って待ちのテンパイ。なら678のサンショク・ドラ1でヤミテンで逆転トップ。

そして沢崎、見事高目のをツモアガって2000・4000。沢崎が逆転トップで6勝目を挙げた。

勝利者インタビューで沢崎は「白鳥選手とは初対戦で、(自分とは)絶対当たりたくないと言ってたそうなので、虐めてあげようと思ってました(笑)」と語った。

【Result】
1着 沢崎誠・KADOKAWAサクラナイツ 3万8100点/+58.1
2着 白鳥翔・渋谷ABEMAS 3万1900点/+11.9
3着 丸山奏子・赤坂ドリブンズ 1万5800点/▲24.2
4着 勝又健志・EX風林火山 1万4200点/▲45.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +307.7(35/90)
2位 EX風林火山 +131.3(35/90)
3位 セガサミーフェニックス +9.0(34/90)
4位 U-NEXT Pirates ▲16.7(34/90)
5位 TEAM雷電 ▲54.5(34/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲82.4(35/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲102.8(35/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲191.6(34/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

11月25日の対戦は
ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsABEMAS

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 赤坂ドリブンズvs EX風林火山vs KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする