熊がマムシに油揚げをさらわれる⁉︎瀬戸熊と沢崎が起こした「2局連続頭ハネ」珍事件【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

沢崎は攻撃力が特に注目されているが、守備力も非常に高い。

そして巡目は進み、今度は茅森がテンパイ。

終盤だが、ドラが1枚あって打点も十分。を切って勝負といった。

ここも当然、瀬戸熊のロン。2000点のアガリだ。

…と思いきや、再び重なる「ロン」の発声。

その声の主はまたも沢崎!

2局連続の頭ハネという、Mリーグ史上初の珍事件が発生した。

を対子落とししてから、の筋の、そして現物のを切ることができた。

結果、危険牌をほとんど切らずに回り回って単騎待ちで追いついていたのだ。

「これは沢崎さんを徹底的にマークしないといけないな…」

瀬戸熊にとっても、まさか2局連続で頭ハネされるとは思わなかっただろう。

ここから2人の激しい殴り合いが始まる。

沢崎がを引き入れて、の両面でリーチをかければ…

瀬戸熊は連荘を止めに向かっていく。

シャンポン待ちならば放銃していたはずのを強打!

そして沢崎からをチー。も通っていない、とすると…

沢崎の入り目をプッシュ。

勝負はまたしてもめくり合いに持ち込まれたが…

ここは茅森がピンフのみの1000点をアガって仲裁に入った。

しかし、これで2人の因縁が終わるはずもない。

東4局では沢崎が瀬戸熊から12000点を直撃。

南2局では瀬戸熊が沢崎から8000点を直撃。

激しい殴り合いが続いた。

そしてオーラス、瀬戸熊は親番で沢崎から3900を直撃してついにトップ目に。

このままクマクマタイム突入か?

最後の最後、チートイツで2枚切れのからフリテンのに待ちを変えた直後に引き。

これにはさすがの暴君も「そんなはずは…」と天を仰いだ。

その隙間を縫ってアガったのは茅森!

このツモアガリにより、親被りでなんと白鳥がトップに。

「思った通り、沢崎さんと瀬戸熊さんでやりあってくれたな…計画通り」

高打点のアガリが多い半荘だったが、沢崎と瀬戸熊が互いに直撃し合っていたため、白鳥の点棒はほとんど減っていなかった。

供託ハンターならぬ着順ハンター、体調不良で休養中の多井隆晴にトップを届けた。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!