鉄壁の近藤誠一をも打ち砕く朝倉康心の「アサピンアイ」 パイレーツvs風林火山、ボーダー攻防戦!【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

鉄壁の近藤誠一をも打ち砕く

朝倉康心の「アサピンアイ」

パイレーツvs風林火山、

ボーダー攻防戦!

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年1月23日

2020年1月24日。各チーム残り28戦となったこの節。

1戦目

東家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

南家 朝倉康心U-NEXTパイレーツ

西家 近藤誠一セガサミーフェニックス

北家 二階堂亜樹EX風林火山

4チームとも、今年に入って好調な選手を先発に起用。

特に首位のフェニックスからは、抜群の安定感を誇る近藤誠一が出場。

17試合連続ラス無し

70局連続無放銃

放銃率5.3%

これだけの大記録を打ち立て、なおも更新し続ける守護神が今日も征く。

風林火山にとってはパイレーツを叩く絶好のチャンス。

パイレーツは6位以上を確保するため、どうしても風林火山より上に行きたい。

ボーダー攻防戦も見所となった。

東1局

真っ先にイーシャンテンに辿り着いたのは親の瀬戸熊。

を切るのが一番広いが、ここはを選択。

678のタンピン三色だけでなく、を引いての一盃口まで狙った。

瀬戸熊の独走かと思われたが、一番にテンパイしたのは亜樹。

カンという愚形。シーズン序盤の亜樹ならを切っていたかもしれない。

しかし、もう11巡目と、巡目も深い。

さらに風林火山は現在7位で、どうしてもパイレーツより上の着順が欲しい場面。

思い切ってリーチをかけた。

これに追いついたのが、放銃率5%の男・近藤。

ドラと赤で打点は十分。待ちのノベタンで追いかけリーチを放った。

そしてついに瀬戸熊も参戦!待ちで3軒目のリーチとなった。

Mリーガーの中でも、特にリーチ成功率の高い3人のぶつかり合い。

1人残された朝倉は、受けに回らざるを得ない。

近藤の一発目は瀬戸熊にも亜樹にも無筋、かつドラの

一見すると平静に見えるが、ロンと言われてもおかしくない牌だった。

内心は心臓バクバクなのではないか?

そして、朝倉の鳴きによってが1枚流れる。

これで近藤のアガリ目は薄くなったか?

「そんなものは関係ない」とばかりに、ラス牌のをツモ!

放銃率5%の男にリードされたら、点棒を討ち取るのは容易ではない。

もはや近藤を止めることは不可能なのか…

トップ目の近藤の親番では、亜樹が待ちでリーチ。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!