一牌の後先が運命の岐路  二階堂亜樹と朝倉康心、親番で分かれた明暗【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

一牌の後先が運命の岐路 

二階堂亜樹と朝倉康心、

親番で分かれた明暗

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年2月20日

長きにわたって戦いが繰り広げられてきたMリーグも、今日が終われば各チーム残り10試合。

赤坂ドリブンズEX風林火山には、足切りのリミットが刻一刻と近付いている。

今日の先発はこの4選手だ。

第1回戦

東家 二階堂亜樹EX風林火山

南家 朝倉康心U-NEXTパイレーツ

西家 藤崎智麻雀格闘倶楽部

北家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

東1局

いきなり亜樹の親番。

残り12試合ということは、親番は残り24回。

ここで稼がなければ、セミファイナルへの道は開かれない。

ここで亜樹はを残して切り。

123,234の三色を見つつ、筋の被っている索子を処理していく一打。

しかし、この選択が大失敗。

無情にも河に並ぶ3枚の

亜樹の麻雀は非常に守備力が高いが、手を目一杯に広げずに狭く受けることも多い。

今季は狭く受けた分の裏目を多く引いてしまい、リカバリー出来ずに苦戦している。

親番だから、もっと目一杯に受けても良かったのではないだろうか。

ここでのリーチが入っていた、というのはタラレバか。

たった1打ので、先制リーチのチャンスを逃してしまった。

そして無情にも、朝倉に流される親番。

試合は瀬戸熊が満貫をツモってリードするも…

藤崎が親番で6000オールをツモって連荘し、一気にトップ目に立つ。

その後も藤崎が順調に加点し、点棒を5万点台に乗せる。

風林火山とパイレーツにとっては苦しい展開だ。

東3局3本場

このまま藤崎の王様タイムかと思われたが、亜樹が止めに入る。

ヤミテンや引きの両面変化を待つ手もあったが、点棒に余裕が無いため即リーチ。

攻めざるを得ない状況でのリーチが功を奏し、藤崎からを討ち取る。

裏ドラも乗って8000点の加点に成功した。

南1局1本場

半荘は藤崎がリードしたまま、南場の親番に突入。

守備力の高い藤崎から高い手を直撃するのは難しい。

つまり、ここで連荘しなければトップは取れない。

打牌する亜樹の手に、若干の震えが見えた。

4巡目にしてターツ選択。の1枚切れを見て、を落としていく。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!