チームの窮地を救った 赤坂ドリブンズ園田賢の究極魔法「ミラクルファインセーブ」【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Mon】

チームの窮地を救った

赤坂ドリブンズ園田賢の

究極魔法

「ミラクルファインセーブ」

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2020年2月24日

セミファイナル進出へのボーダーラインを巡る、5、6、7、8位の直接対決。リーグ戦終盤の天王山。第2戦目。

 

東家 多井隆晴(渋谷ABEMAS)

南家 園田賢(赤坂ドリブンズ)

西家 勝又健志(EX風林火山)

北家 朝倉康心(U-NEXT Pirates)

実況 小林未沙

解説 沢崎誠 岡田紗佳 (KADOKAWAサクラナイツ)

東1局1本場

1戦目3着の村上からバトンを受けて、2戦目に登場した「卓上の魔法使い」園田。いきなり大ピンチを迎えていた。思わず身体が斜めになってしまっている。

勝又が12巡目にリーチ。

さらに、

朝倉も追っかけリーチ!

二軒リーチがかかった瞬間の園田の手番、

安全牌がない…

盤面はこちら。画像手前にいる多井は、10巡目に朝倉が手出ししたでチーしている。

やや見にくいので、画像を園田視点に回転してみると、

各者の河はこのようになっている。

さて、園田は何を切ったのだろうか?みなさんも自分なら何を切るか考えてくれると嬉しい。

園田がひねり出したのは、

だった!朝倉の河にあると仕掛けに組み込まれているで、朝倉には中スジ。勝又にはが残っているが、6巡目にが切ってあるため比較的マシだ、という判断だろう。

は無事通過していった。

このあとツモってくるのは、通っている牌ばかり。なんとか凌ぎ切れるかと思った最終手番。

またもや安全牌がない…しかも3~7までの数牌しかない、限界まで膨らんだ手牌だ。

園田視点の河はこのようになっている。

園田手牌

候補としては、

が3枚見え、が3枚見え、が2枚見えのを切る(勝又 朝倉二人に通っていない)

が3枚見え、が3枚見え、が2枚見えのを切る(朝倉に通っていない)

が4枚見え、が3枚見え、が1枚見えのを切る(朝倉に通っていない)

このあたりか。

勝又の待ちは、

そして朝倉の待ちは、

…!!

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!