魚谷侑未vs小林剛 エース同士の息詰まる首位攻防戦の行方【熱論!Mリーグ/FS4日目】担当記者:masasio

熱論Mリーグ【FS4日目】

魚谷侑未vs小林剛

エース同士の息詰まる

首位攻防戦の行方

文・masasio【金曜担当ライター】2020年6月19日

 

長い自粛期間を経てようやく開催されたファイナルシリーズも、早いものでもう4日目。

あっという間に折り返し地点を過ぎてしまった。

今日6月19日は、Mリーグのほかにもプロ野球開幕や、将棋の名人戦第2局など大きなイベントが開催された。

徐々に、失われていた日常が戻ってくるのを感じるが、それに反してMリーグ2019シーズンはもう間もなく幕を閉じる。

昨年の10月から、休止期間を含めて実に9か月に渡る闘いも、残すところあとわずか。

線香花火も消える直前が一番美しいという。

儚くも美しい戦いを最後まで見届けたいと思う。

 2回戦>

本日1戦目を終えてのチームランキングがこちら。

瑞原明奈のトップによりU-NEXT Piratesが首位フェニックスに肉薄。ほぼ並んだといっていいだろう。

レギュラーシーズンからポイントを伸ばし続けてきたフェニックスと、4位ギリギリでファイナルに進出したPirates

勝ち上がり方の対照的な2チームだといえるだろうか。

2戦目は目下絶賛首位争い中の2チームに注目したいと思う。

首位フェニックスからは、魚谷侑未が出場。

1戦目からの連闘だ。

レギュラーシーズン個人優勝の勢いそのままに、ファイナルシリーズに入ってもここまで1着1着2着と順調にポイントを稼いでいる。

「魚谷を倒さずに優勝はない」と言っても言い過ぎではないと思えるほど、高い壁として他のチームに立ちはだかっている。

 

一方フェニックスを追いかける2位Piratesからは“船長”こと小林剛が出場。

ファイナルシリーズ初戦での大トップが記憶に新しい。

昨日6月18日の2戦目で4着を引いてしまったのが気がかりだが、僅差のラスということで全く影響はないだろう。ましてや“あの”小林剛だ。

いつもの通り冷静な麻雀を見せてくれるに違いない。

フェニックスにとってもPiratesにとっても譲れない1戦は奇しくもドラフト1位のエース対決となった。

まずは魚谷の芸術的なアガリをご紹介。

東家 松本吉弘渋谷ABEMAS

南家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

西家 沢崎誠サクラナイツ

北家 小林剛U-NEXT Pirates

 東1局

実況の松嶋プロが「123の三色も見えますが―」と言い終わらないうちに魚谷は切り。

パッとっ見た限りでは意図が分かりづらいが・・・

がらりと景色が変わるツモ。

完成しにくい123の三色より、567、678の三色を狙った方がうまくいくということだろう。

ただ打点を追うだけではなく、柔らかい1打でなかなか真似できない。

絶好のを引いて流れるように「リーチ」

ダマテンでもマンガンあるが待ちも良いので当然リーチでハネマン、バイマンを狙いに行く。

沢崎、松本が仕掛けて応戦するも、ほどなくツモアガリ。

裏ドラは乗らなかったが3000/6000のアガリで大きなリードを得た。

2

東1局はメンゼンの手順も素晴らしかったが、この局は仕掛けが絶妙だった。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!