松本吉弘、リーチ一発・四暗刻!! 今季初役満を決めて、堂々2勝目獲得!!

松本吉弘、

リーチ一発・四暗刻!!

今季初役満を決めて、

堂々2勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕25日目、第1戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。東2局の親番で、松本はリーチ・一発・ツモ。開いた手牌は… 四暗刻! 以降は二階堂と佐々木が2番手を争い、二階堂が2着で試合終了。松本が2勝目をあげ、ABEMASはプラス域に浮上した。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹麻雀格闘倶楽部佐々木寿人セガサミーフェニックス近藤誠一、そして松本の4名。

東2局、親の松本が5巡目にリーチをかけて、一発ツモったのは四暗刻! 48000点の大量得点で松本が一気にダントツ状態に。

以降は自然と2番手を争う闘いに。東4局6本場、親の二階堂がを仕掛けてドラ2のテンパイ。この待ちに、ダマテンを入れていた近藤がツモ切りで放銃。5800点をアガって二階堂が2番手に。

南1局1本場を迎え、南家の松本が12巡目にリーチ。そしてまたもや一発ツモ! ドラ2・ウラ1の12000点を加点してダメを押す。

南3局2本場、親の佐々木が2巡目にをポン。ドラのを2枚内蔵し、さらにをツモってドラ3に。この手をツモアガリして12000点。佐々木が2着に浮上する。

南4局1本場、二階堂がをポンしてドラの単騎をツモアガリ。7800点を加点し、二階堂が2着を堅個にする。

同2本場、松本がポン、チーで逃げにかかる。12巡目に二階堂がリーチをかけるが、松本がタンヤオ・赤1の2000点をツモアガって試合終了。松本が今季初役満を決めて個人2勝目を獲得した。

松本はインタビューで、

「(東2局の四暗刻は)誰でもアガれる役満だったんで、幸運に恵まれたとしか言いようがないですが、マイナスしていたチームがプラスに転じられて、幸先のいいトップになったかなと思います。役満というよりは、このトップがうれしいですね(笑)」

と語った。

▲松本が見事一発ツモった四暗刻

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 6万1000点/+81.0
2着 二階堂亜樹・風林火山 3万3100点/+13.1
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 1万3300点/▲26.7
4着 近藤誠一・フェニックス ▲7400点/▲67.4

【Total】
1位 EX風林火山 +399.4(25/90)
2位 赤坂ドリブンズ +355.1(24/90)
3位 渋谷ABEMAS +14.5(25/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲70.9(25/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲77.6(24/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲177.8(24/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲197.7(24/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲245.0(25/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス」

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」 11月16日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:堀慎吾
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!