その男の名は堀慎吾、チームの危機を救った仕事人【Mリーグ2020観戦記11/23】担当記者:東川亮

その男の名は堀慎吾、

チームの危機を救った

仕事人長い戦い

文・東川亮【月曜担当ライター】2020年11月23日

筆者は今シーズンの開幕前、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾による選手契約締結の場に同席し、取材を行っている。

その際、森井巧監督は堀について

「ポイントゲッターとして期待している」

と語っていた。

チームは11月2日以来、3週間にわたってトップがない。

この日の初戦も落とし、順位は7位まで落としてしまった。

堀がチームに呼ばれたのは、こういう厳しい状況を打破するためだと言えるだろう。

第2回戦

東家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

南家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ

西家:和久津晶セガサミーフェニックス

北家:小林剛U-NEXT Pirates 

東1局、最初にテンパイを入れたのは和久津。

リーチタンヤオ平和赤、満貫スタートという勝負手だ。

初戦トップからの連闘でこの試合に臨んでおり、オープニングヒットを決めれば一気に連勝への機運が高まる。

しかし、そこに立ちはだかったのがパイレーツの船長・小林。

ソーズのホンイツイーシャンテンになっていたところから、pastedGraphic_4.pngをチーしてテンパイを取る。

 

そしてリーチの一発目、和久津がツモ切ったのは小林のロン牌pastedGraphic_7.png

鳴いてのホンイツ、2000点のアガリだが、和久津の大物手を潰せたのが大きかった。

和久津は試合後、テンパイ打牌でpastedGraphic_8.pngpastedGraphic_9.pngpastedGraphic_4.pngの何を切るかの選択について言及していた。

小林のホンイツ気配は見えていただけに鳴かれる可能性の低いソーズを選んだつもりが、逆に急所を鳴かれてしまっただけに、悔いの残る結果となった形だ。

ただ、仕掛けて無スジを切って2000点のテンパイという鳴きだっただけに、鳴かない人も多かったのではないだろうか。

東2局はたろうが5巡目のカンpastedGraphic_11.png待ちリーチで先制する。

待ちのpastedGraphic_11.pngは堀に暗刻だが、打っている側としてはそんなことは分からない。

堀は安パイpastedGraphic_13.pngのトイツを落として守備にまわる。

しかし現物やスジを打っていくうちに、堀の元に赤が3枚集まった。

そしてリャンメン待ちでテンパイしたなら、無スジを打って勝負。

リスクに見合うリターンはじゅうぶん期待できる。

リーチ一発ツモ赤3。

堀がハネ満ツモを決め、リードを奪った。

東4局は堀が10巡目にリーチ。

待ちのpastedGraphic_17.pngpastedGraphic_18.pngpastedGraphic_19.pngを小林がポンして4枚見えており、かなり景色はいい。

 

和久津もドラドラでアガリたい手だっただけに一発で掴んだpastedGraphic_17.pngを押したが、これが8000点の放銃となってしまった。

南1局は小林がpastedGraphic_23.pngポンから軽快に仕掛け、早々にpastedGraphic_24.pngpastedGraphic_25.png待ちのシャンポンテンパイを入れる。

あっさりアガれそうかと思われたが、たろうが追いついてリーチ。

通っている牌が少ないことからしばらく押していた小林だったが、pastedGraphic_28.pngを引いて現物pastedGraphic_29.png打ち。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!