前原雄大、地獄の門番大復活!! 怒濤の東場攻勢で、4勝目獲得!!

前原雄大、

地獄の門番大復活!!

怒濤の東場攻勢で、

4勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕39日目、第2戦は前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局で”ガラクタリーチ”を成功させた前原が、東場で4回のアガリを決めて逃げ切りトップ。麻雀格闘倶楽部が上位陣を伺う、絶好のポジションにつけた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして前原の4名。

東1局5巡目、西家・前原が先制リーチをかける。ドラ1のペン待ち。いわゆる”ガラクタリーチ”である。3巡後にツモアガって1000・2000。ツモアガリできるときの前原は怖い。

東2局1本場、6巡目に前原がリーチ。ドラ1・赤1ののシャンポン待ち。テンパイが入った園田がを放銃。そしてなんとウラドラが! 12000点を加点して、前原早くも4万点台に乗せる。

東3局、親の前原がリーチ・イーペーコーのカン待ちを最後のツモ番で引きアガる。2000オールを加点し、ダントツ状態に。

同1本場、を鳴いた前原に魚谷のリーチが襲いかかる。しかし前原、それをものともせず17巡目にドラ1・赤1のカン待ちテンパイ。次巡、ツモアガってさらに2000オールを加点。5万点オーバーに。

オーラス、しれつな2着争いは内川が制する。ピンフ・ツモ・赤1の700・1300をアガって試合終了。前原が逃げ切って、4勝目を獲得した。

前原はインタビューで、

KONAMI麻雀格闘倶楽部は(佐々木)寿人だけ、みたいな印象があるみたいなんですが、そんなことはないですから。高宮がいて藤崎がいて僕がいて、エースが寿人ということでやってます。でも、みなさんあっての僕たちです。今後とも精進いたします。応援よろしくおねがい致します」

と語った。

【Result】
1着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 4万5100点/+65.1
2着 内川幸太郎サクラナイツ 2万3100点/+3.1
3着 魚谷侑未・フェニックス 1万7900点/▲22.1
4着 園田賢・ドリブンズ 1万3900点/▲46.1

【Total】
1位 EX風林火山 +354.2(38/90)
2位 渋谷ABEMAS +315.2(38/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 222.6(40/90)
4位 赤坂ドリブンズ +25.6(40/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲67.4(38/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲188.9(40/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲295.2(38/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲376.1(40/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」 12月10日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!