永遠に感じる1巡 悲運のスター萩原聖人の祈りは通じたのか【Mリーグ2020観戦記12/22】担当記者:ZERO

のバック(後付け)だけではなく、345の三色を睨んでいる。

他家(萩原さんが仕掛けた…!?ドラはそこにあるのか)

萩原の仕掛けで場は大きく動き出す。

前原がリャンメンをチーしてさっさとテンパイを入れる。
萩原のチー=緊急事態だと思っているのだろう。

親の日向はドラを持ってきた。↓

リャンメン含みのイーシャンテン、しかも親だからくらい切るかと思ったら、日向はさっとを切った。

すら切らなかったのは(萩原の手にドラがある)という共通認識があるからだ。

ドラが切れないのであればこの手牌の価値は大きく下がる。

とはいえ、チー1つで前原を誘発し、さらに親まで撤退させるのは、萩原の仕掛けが信頼されている証だと言える。

その間隙をついて魚谷がテンパイ。↓

を切って、ピンフのみの待ち。
ダマだったら注目されている萩原がを切っているから、簡単にアガれそう。

しかし魚谷は

しっかりとリーチを打った。
が良さそうというのが大きい。

カンでテンパイしている前原がを押す!↓

テンパイを入れたらしっかりと押すのがコナミの信念。

このがアヤとなる。
同巡に萩原がを掴んだのだ。↓

自身は苦しいイーシャンテン。終盤。
普通ならオリる場面だが、前原がを押したことにより、が3枚見えてワンチャンスになった。これくらい…と切ったは魚谷の待ちだった。

リーチピンフ裏2の8000!

萩原のチーによって日向を降ろし、前原に仕掛けを入れさせた。
しかし、魚谷がきっちり押し返してウラウラ。

恨めしそうに魚谷のアガリ形をみる萩原。
今日もダメなのか…。ファンもそう感じたはずだ。

東3局 起死回生の四暗刻

「ハギー!ハギー!」

1つのツモでファンが騒ぎ出した。

三色と並ぶ萩原のお家芸、四暗刻のイーシャンテンになったのだ!

ただ、最後のが日向の手牌にあり、今にも打たれそう。

私は萩原ならスルーするんじゃないか?

と思っていたが、は打たれることはなかった。

祈るようにツモ山に手を伸ばす萩原。

しかし欲しかったが…

魚谷の元にいき500オール。

あのが俺の元にきていたら…と思ったに違いない。

東3局2本場 魚谷の我慢

さらに5800を加点した2本場で魚谷は萩原からのリーチを受けて悩んでいた。↓

発をポンしているので、・赤1の7700テンパイ。
親だから押したい場面だが、自身はトップ目だ。

また、押すならのどっちを切るかも難しいところ。

魚谷は少考ののち、を押した。

さらにを掴む。↓

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!