「ミスター木曜日」を止めろ!沢崎、黒沢、小林が魅せた白鳥翔包囲網【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

ミスター木曜日を止めろ!

沢崎、黒沢、小林が魅せた

白鳥翔包囲網

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年1月9日

1月9日、新年が始まってもうすぐ10日。もう355日寝るとお正月だ。

Twitterのトレンドには「ポケモン」関連の単語が流行している。

しかし、流行と聞いて忘れてはいけないものがある。インフルエンザだ。

既に多井隆晴渋谷ABEMAS)と内川幸太郎サクラナイツ)がダウン。

去年もインフルが流行してオーダーに影響が出ただけに、麻雀界でも心配する声が多い。

というわけで、オーダーが変更になった今日の第1試合の出場選手はこの4人。

1戦目

東家 沢崎誠サクラナイツ

南家 小林剛U-NEXTパイレーツ

西家 黒沢咲TEAM雷電

北家 白鳥翔渋谷ABEMAS

渋谷ABEMASからは、「ミスター木曜日」こと白鳥翔が登場。

白鳥を如何にして止めるかが今日のカギとなりそうだ。

22本場

先手を取ったのは白鳥。さすがミスター木曜日である。

のシャンポンで、手替わりもあった。

しかし良形のテンパイを組み直すには、なんとも微妙な巡目。

ここは相手の足止めを優先しつつ、の筋であるを狙ってリーチに踏み切った。

打倒ミスター木曜日に名乗りを上げたのは、親の小林。

こちらはのシャンポン待ちで、脇の2人が手詰まりで打つことも有り得る。

待ちの枚数は白鳥の方が多かったが、ここは小林に軍配が上がる。

リーチのみ、2000点。

しかし裏ドラをめくると、裏ドラが!!

望外の裏3で12000点の移動となった。

「なぜだっ!俺はミスター木曜日。ジュピターの加護を受けているはずなのに!?」

「やれやれ麻雀に曜日なんて関係ないんですよ、白鳥君」

小林剛に曜日の加護など言っても、通じるわけがないのであった。

東4局

またもリーチで先手を取った白鳥。しかも親リーチだ。

チャンタにならず、リーチのみになってしまったのが心残りだが、第1打にを切っていて待ちは非常に良い。

しかし、打倒白鳥に猛然と向かっていったのは黒沢。

七対子のみ、の単騎待ち。打点も低く、待ちも良くない。

「この牌、押せるかしら?でも小金持ちには負けたくないし

黒沢は場を一睨みして…

ビシッ!!

ドラ表示牌のを叩き切った。

牌を斜めに回して切る独特のフォーム。

このフォームが出た時の黒沢は強気モード全開だ。

そして強気の黒沢は、高確率でアガリをもぎ取る。

優雅にをツモり上げ、白鳥の親番を華麗に流した。

「お正月にたくさん美味しいものを食べた私に死角は無いのよ」

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!