遅れてきた男・新井啓文 意地と個性のぶつかり合いを制し、ファイナルの舞台へ 麻雀最強戦2020「プロ雀士ランキングベスト16大会」観戦記【決勝卓】

遅れてきた男・新井啓文 

意地と個性のぶつかり合いを

制し、ファイナルの舞台へ

麻雀最強戦2020

「プロ雀士ランキング

ベスト16大会」

【決勝卓】担当記者:東川亮 2020年4月5日(日)

「麻雀最強戦2020 プロ雀士ランキングベスト16大会」、各卓1位のみが進める決勝卓には、以下の4名が名乗りを上げた。

A卓勝ち上がり、

日本プロ麻雀連盟

ダンプ大橋(だんぷ おおはし)。

ハネ満ツモの一撃でトップに躍り出ると、その後は他家の大物手をかわしきってA卓を制した。

決勝卓でも、ギリギリの押し引きで勝負をものにしたい。

B卓勝ち上がり、

日本プロ麻雀協会

矢島亨(やじま とおる)。

終盤の重たい競りの展開をしぶとく制し、決勝卓に名乗りを上げた。

得意のホンイツトイトイで、一気に頂点まで駆け上がれるか。

C卓勝ち上がり、

最高位戦日本プロ麻雀協会

新井啓文(あらい けいぶん)。

急遽この舞台への出場が決まり、ギリギリのテンパイからの逆転劇で決勝卓へ勝ち上がり。

ノっている男が、降って湧いた幸運を生かしてファイナル進出を狙う。

D卓勝ち上がり、

日本プロ麻雀連盟

古橋崇志(ふるはし たかし)。

過去の最強戦ではなかなかアガリに恵まれなかったが、予選D卓では10局中5局でアガリを決めて快勝。

4年ぶりのファイナル進出を目指す。

東家:ダンプ 南家:矢島 

西家:新井 北家:古橋

東1局

3巡目、矢島がオタ風のトイツを切り出し、タンヤオピンフなどを付けての打点を求めていく。

が暗刻の新井は一気にピンズのホンイツへ。どうやら開局早々ぶつかり合いになりそうだ。

7巡目、矢島はカン待ちのテンパイになると、迷わず即リーチ。

直後の古橋、打。無スジ、しかもドラ跨ぎ、しかも古橋はまだイーシャンテンだ。

この手に安パイは1枚しかなく、これを打てばアガリは相当見込めなくなる。

ならば真っすぐ、ということだ。ここでの躊躇がない一打が、決勝卓がどういう戦いなのかを、視聴者にはっきりと示したように思う。

ホンイツのイーシャンテンだった新井もをプッシュ、これも無スジだ。

結果は、チーしてホンイツのテンパイを取った新井が、追っかけリーチの古橋に2600を放銃。

まずはお互いのぶつかり合い、第一ラウンドが終わった。

矢島が1300オールをツモって迎えた、東2局1本場

ここではダンプが強烈な押しを見せる。

新井が序盤にをポン。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!