コツコツ上がって、ガッチリ守る!「ミスター金曜日」内川幸太郎の華麗なる半荘【Mリーグ2020観戦記12/25】担当記者:真中彰司

コツコツ上がって、

ガッチリ守る!

「ミスター金曜日」

内川幸太郎の華麗なる半荘

文・真中彰司【金曜担当ライター】2020年12月25日

第2試合

東家 和久津晶セガサミーフェニックス

南家 滝沢和典EX風林火山

西家 白鳥翔渋谷ABEMAS

北家 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

2020年のMリーグは今日が最終日。どのチームも、勝利して気持ちよく年末を迎えたいのは間違いない。チームに勝利を持ち帰るサンタクロースになれるのはただ1人だ。

東1局

北家の内川の手が早い。が対子で5ブロックが決まっているため、安全牌のを抱えた。

すぐにが出てポンテン。

をツモって500-1000。電光石火のアガリを決めた。

ドラが対子だった白鳥の大物手を流すことに成功した。

東2局

続く東2局では、1枚切れのの対子かのターツ選択。

内川は落としを選択。を先に払い、受け入れが広がるも先に打って安全度の高いを残した。

これまたすぐにをツモって300-500のアガリ。

白鳥は再びチャンス手を流されてしまった。

東3局

東3局は先ほどとは違い、門前リーチで高打点が狙えそうな手牌になった。

しかし、親の白鳥から出たをチー。またもコツコツ作戦にシフト。

じっくり門前で進めたい気持ちもあるが、冷静に河を見てみるとこのチーの理由が分かる。

滝沢と和久津が序盤にを切っていたのだ。

序盤にを切っている打ち手は、を手の内に抱えていることが多い。

しかもこの局はドラがであるため、はドラ表に1枚見えている。

つまり、白鳥から打ち出されたは、実質4枚目のだったのだ。そしては残り2枚。上がるならこのは絶対に鳴くべき牌だ。

チーでテンパイを入れると、白鳥に浮いていたを討ち取って3900点のアガリ。

白鳥としてはより先にを切っていれば放銃を回避できたかもしれない。自身の手が整っていただけに、痛い放銃となった。

南1局

南場でも、内川がアガリを積み上げていく。

待ちの先制リーチで、親の和久津のリーチを受けながらもツモアガリ。打点こそ安いが、確実に相手のチャンス手を潰している。

南2局2本場

ここまで満貫以下のアガリだけで35000点まで稼いだ内川に、ついに大物手のチャンスが到来。

のターツを払う際に、引きをケアしてから打ち出したのだが、実はこの切り順が後々の布石となった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!