多井隆晴、鈴木優・醍醐大との三つ巴を制す!! 5勝目を獲得して連闘宣言!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

多井隆晴、鈴木優・

醍醐大との三つ巴を制す!!

5勝目を獲得して

連闘宣言!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の101日目、第1戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。52歳の誕生日を迎えたばかりの多井が、志願の登板。鈴木優と醍醐との三つ巴をラス前に抜け出して5勝目をゲット。インタビューでは連闘宣言が飛び出した。

第1戦の対局者は、セガサミーフェニックス醍醐大BEAST Japanext鈴木大介U-NEXT Pirates鈴木優、そして多井の4名。

東2局、多井と醍醐のリーチ合戦に参戦したのが鈴木大介。リーチを宣言して【5マン】を横に曲げるが、これが親の多井のカンチャン待ちにストライク。456サンショク・赤1・ウラ1の12000点。まずは多井がリードを奪う。

流局をはさんで同2本場、鈴木優【中】・ドラ1・赤1の1300・2600をツモアガリ。供託リーチ棒2本を得て多井に並ぶ。

東3局には醍醐が早い巡目に鈴木大介からリーチ・一発・チートイツ・ドラ2のハネマンを直撃。醍醐も戦線に並んで三つ巴に。

膠着したまま南3局を迎え、多井と鈴木優のリーチ合戦に。結果は鈴木優が多井に放銃。ピンフ・ドラ1・ウラ1の8000点。このアガリが決め手となって多井がトップで逃げ切った。

多井はインタビューで、

「昨日誕生日で、いつも誕生日には出させていただくみたいな感じでやっていただいていて、監督に。今年は(試合が)なかったんで、監督に’ボク誕生日付近です’みたいなことを言って今日の先発が決まりまして。昨日たのしく過ごせたので、今日はリラックスできましたね。今シーズンも連覇してABEMASは強いな、多井は強いなといわれるように、この後も気を引き締めて連闘します!」

と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 3万8700点/+58.7
2着 鈴木優・Pirates 2万8800点/+8.8
3着 醍醐大・フェニックス 2万3700点/▲16.3
4着 鈴木大介・BEAST 8800点/▲51.2

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +519.9(89/96)
2位 赤坂ドリブンズ +372.9(90/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +241.1(88/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +173.6(88/96)
5位 渋谷ABEMAS +84.6(91/96)
6位 EX風林火山 ▲169.6(90/96)
7位 BEAST Japanext ▲325.2(89/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲441.0(89/96)
9位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲456.3(90/96)

大和証券 Mリーグ ABEMASvsフェニックスvsBEASTvsPirates

3月18日(月) 19:00 〜 3月19日(火) 00:00

詳細情報
渋谷ABEMAS vs セガサミーフェニックス vs BEAST Japanext vs U-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
BEAST Japanext
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ABEMASvsフェニックスvsBEASTvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/