チームの力となるために 丸山奏子、トップを追った決意の見逃し【Mリーグ2020観戦記1/3】担当記者:東川亮

とは言え、見ている側としてはとてもワクワクするシーンだった。

 

丸山は南2局でも印象的な進行を見せる。

この手牌から、1打目に選んだのはトイツの

トイツ3つから1つを処理してや役牌を残すことで、打点を見据える。

ここからツモが利き、ドラをトイツにしてイーシャンテン。

道中でを残したことでのメンツもしっかりと捉えている。

しかし、先にリーチを打ったのは瀬戸熊。

ロン牌は手牌に不要ということでツモ切り、3900の失点となった。

さらに次局も瀬戸熊とのリーチ対決で敗れ、5800の放銃。

少し点差を付けられてしまう。

 

南3局1本場では、丸山が興味深い選択を見せた。

終盤にの片アガリテンパイを組んでいたところに、テンパイしていた石橋からハイテイ手番でが打たれた。

ホウテイ、2000は2300のアガリである。

しかし丸山はロンをせず、この局を2人テンパイとした。

この手を普通にアガった場合、3着目の勝又とは10100点差、次局勝又の満貫ツモでも2着で耐えられるようになる。

ただ、トップ目瀬戸熊とは15200点差、ハネ満ツモでも逆転には至らない。

一方この手をアガらず流局とした場合、ノーテン気配の瀬戸熊との点差をアガリ以上に詰められるため、ハネ満ツモで逆転トップという条件を残せる。

逆転トップで得られる順位点は40pt。

可能性はそれほど高くはないが、リスクとリターンがある中で、丸山はトップへチャレンジする道を選んだ。

オーラス、その丸山がと仕掛ける。

役役ホンイツで満貫だが、それだと逆転条件は直撃だけだ。

ソーズが1牌も余らずテンパイ。

 

そしてすぐに石橋からロン牌が打たれた。

丸山は、見逃しも少し考えたそうだ。

山越しで瀬戸熊から出アガリできれば逆転トップ。

しかし、みすみす目の前の8ptを取り逃してもいいものか。

「ロン、8000は8600」

丸山は手牌を倒した。

会心の逆転トップとはならなかったが、17.4ptのプラスは、今のドリブンズにとっては決して小さくない価値がある。

結果こそ2着だったが、この試合で一番印象的な麻雀を打っていたのは丸山だった。

自身としてもMリーグに参戦して2年目、いつまでも先輩たちに頼ってばかりはいられない。

「もっと私を使え!」

この日の麻雀は卓内の勝負と共に、自身のことをより強くチームにアピールしているようにも感じられた。

チームの信頼を勝ち取った丸山が出場試合数を増やし、終盤に迎えるチームの正念場でトップを取る。

そんなストーリーは、ドリブンズファンでなくとも見てみたいものではないだろうか。

 

 

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!