手作りから守備、ドラ切り、アシストまで 堀慎吾が勝利をたぐり寄せた数々の妙手【Mリーグ2020観戦記1/25】担当記者:東川亮

手作りから守備、ドラ切り、

アシストまで 

堀慎吾が勝利を

たぐり寄せた数々の妙手

文・東川亮【月曜担当ライター】2021年1月25日

1/25の大和証券Mリーグは、試合開始時点で1位・2位・3位・6位の対決となった。

その中で特に勝ちたいのはやはり、セミファイナル進出ボーダーの6位に位置するKADOKAWAサクラナイツだろう。

翌日に下位同士の直接対決を控えるにあたり、できればこの日で順位を上げてターゲットを他チームに押しつけたいところ。

そんな一日の初戦に登場したのは、チームが今シーズン新たに「ポイントゲッター」として迎え入れた堀慎吾

ここまでチームの稼ぎ頭となっている男は、この試合でも存分に存在感を発揮してくれた。

第1回戦

東家:藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部

南家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

西家:二階堂亜樹EX風林火山

北家:松本吉弘渋谷ABEMAS 

東1局1本場

堀は4巡目のカン待ちテンパイを取らなかった。

ピンズが連続形となっており、好形変化や打点アップを見こめることから、よりアガりやすい待ちを目指す。

 

リーチをかけていればでツモっていたのでは、というのは結果論。

ピンズを伸ばして待ちのリーチにたどり着き、ドラドラで勝負形の藤崎から一発で打ち取って8000は8300。

堀は東3局にも松本から3900を出アガリ、少し点差を付けたトップ目に立つ

そしてここからのバランスが興味深かった。

東4局、藤崎が5巡目にをチー。

比較的鳴きの少ない打ち手がラス目の状況で1枚目のをリャンメンで鳴いたということで、周りからすればかなりの脅威に見えるはずだ。

実際に、この段階でタンヤオドラドラ赤、満貫のイーシャンテンである。

堀もを鳴いて速度を合わせるが、9巡目にを引き、メンツを崩す。

一応イーシャンテンではあったが形も悪く、明らかに高いであろう藤崎の手と戦う価値はないということだ。

この局は松本が亜樹から3900を出アガリ。

東4局1本場、捨て牌2段目も後半に差し掛かるタイミングで、堀がイーシャンテンになった。

ドラのトイツを生かせば満貫クラスの打点が見える。

しかし、堀はに手をかけた。

わざわざ2翻を捨てる選択だが、これは堀がこの局で何を目指すか、というテーマに基づいてのものだ。

現状堀はトップ目であり、大きな加点を狙うよりも失点なく2着目松本の親を終わらせることが優先されるだろう。

この手でを抱えると、手組みはほぼ門前進行に限定される。

一方、を持てばタンヤオで仕掛けも使えるのが大きい。

または松本が切っており、少なくとも親には安全牌。

もろもろの状況を考えた、柔軟なドラ切りと言える。

堀の手は門前で仕上がり、待ちでリーチ。

藤崎も同じ待ちで追っかけリーチをかけたが、ここは堀が引き勝ち、1300-2600のアガリを決めた。

安易に目先の打点を追わずにテーマを完遂する、意志を持った打ち回しを見せた一局だった。

南1局1本場、亜樹がいきなりポン。

ホンイツに向かう仕掛けで、他3者の目から見てもある程度の手役や打点が想像できるだろう。

 

これに対し、堀がを切り、亜樹がポン。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!