持てる者と持たざる者の明暗 緊迫の一戦を制した松本吉弘のベストバランス【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/26】担当記者:東川亮

瀬戸熊はもう少し待っていれば、

【1マン】【4マン】【7マン】待ちという打点も待ちも満足のテンパイが組めていた。

そうなればアガリの行方はともかく、局面は大きく違っていただろう。

もちろんこのリーチがうまくいくこともあるが、今回は不発どころか大きな失点を喫する結果に。

チームの状況を踏まえれば、「ダメでした」では済まされない。

瀬戸熊にとっては痛恨の一局となってしまった。

自身の中でも後悔があったのか、思わず天を仰ぐ。

反面、松本の渋谷ABEMASはポイント的にファイナル進出が濃厚。

もちろんトップを狙って戦うのだが、それほど無理をする必要はない。

南1局、勝又のリーチを受けている場面。

松本はまわりながら七対子のテンパイにたどり着く。

しかし、テンパイを取る【3マン】は打たず。

ドラなしで打点がなくアガリも見えにくい、なにより出ていく【3マン】が全くの無スジでリスクが大きく、押すに見合う手ではないという判断だろう。

実際、【3マン】は勝又のロン牌だった。

松本が冷静に失点を回避し、この局は流局に。

もちろん松本も、戦うに見合う手ならしっかりと手を組んで前に出る。

南1局1本場、松本は6巡目に不自由なペン【3ピン】ターツを外し、イーシャンテンに取らない。

連続形があって好形変化の種が多いことから、目先のテンパイよりもアガりやすいテンパイを目指す狙いだ。

この選択がハマった。

最高of最高とも言える【8ソウ】を引き入れ

【3ソウ】【6ソウ】【9ソウ】【4ソウ】【7ソウ】待ち、この試合で2度目の出現となる5メンチャン待ちのリーチだ。

三色や平和が消える安目【4ソウ】ツモとはいえ、しっかりツモって2000-4000の1本場。

さすがにこの形の8巡目リーチなら、アガれるのが普通と言いたい。

ましてやもっと早い巡目で6メンチャンリーチなどかけられたならば、それこそアガリは約束されたようなものだと思うのだが。

上位陣2人の親が流れた南3局

下位陣2人は、ここからの親番を本当に大切にしなければならない。

瀬戸熊は【發】がトイツ。

字牌が多く、仕掛けてもホンイツで高打点が狙えそうだ。

しかし、松本も直前に【發】をトイツにしていた。

1巡目から過剰なペンチャン ターツを払ったことで、【發】を受け入れられるようにしていたのだ。

最初のテンパイは松本。

道中でフリテン【6マン】【9マン】待ち、高目三色のテンパイを取らず、【發】【4ピン】のシャンポン待ちにたどり着く。

役ありテンパイでリーチをかけずにアガれるようにすることで、いざというときに守備にも回れるようにする構えだ。

そこに内川も追いつく。

【3ソウ】【6ソウ】待ち、平和赤3の満貫テンパイをヤミテン。

アガリ方次第では、オーラスでトップも見える。

 

瀬戸熊・勝又は未だテンパイに至らず。

打っている本人には分からないが、下位陣には苦しい展開だ。

ここを制したのは、最後の【4ピン】を引き入れた松本。

300-500(+1本場)と打点は小さいが、瀬戸熊の親を蹴ると共に内川の勝負手を防ぎ、さらに瀬戸熊のハネ満ツモ圏外まで逃れる値千金のアガリとなった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!