黒沢咲、土俵際ギリギリで踏みとどまる!! たった一度のアガリで望みを繋ぐ!!

黒沢咲、土俵際

ギリギリで踏みとどまる!!

たった一度のアガリで

望みを繋ぐ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル9日目、第2戦は黒沢咲TEAM雷電)が、トップを獲得。東2局でハネマンをツモり、トップ目に立った黒沢が以降その座を譲ることなくフィニッシュ。黒沢はセミファイナル3勝目をあげて、雷電はギリギリファイナル進出に望みを繋いだ。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠渋谷ABEMAS多井隆晴、そして黒沢の4名。

東1局1本場、ドラは【2ピン】。南家・多井の手にその【2ピン】が3枚。順調に手が進んで5巡目にリーチ。待ちはなんと【1ピン】【4ピン】【7ピン】【3ピン】【6ピン】【9ピン】の6面張! 【1ピン】ピンフイッツーのハネマン、ツモればバイマンという大物手。しかしこの6面待ちがツモれず、なんと流局。多井に暗雲が立ち込める。

東2局3本場、ファーストテンパイは二階堂。【白】アンコの【5マン】ポン、カン【8ソウ】チーと仕掛けてカン【2マン】待ち。

次にテンパイしたのが西家・黒沢。チートイツ・ドラ2・赤1の【3ソウ】単騎待ち。

さらに沢崎がカン【6ソウ】待ちのタンヤオ・ドラ2。多井がチャンタサンショクのペン【7ソウ】待ちと、全員テンパイ。この局の行方が、第2試合の明暗を分けた。

アガったのは黒沢。すぐさま【3ソウ】をツモりあげて3000・6000。均衡を破ってトップ目に躍り出る。

全員が1回ずつアガって迎えたオーラス。トップは依然、黒沢。11巡目にリーチを宣言したのは多井。ピンフ・高めタンヤオ・赤1の【3ソウ】【6ソウ】【9ソウ】待ち。高目ツモならトップ逆転。ドラの【北】をアンコにした、ラス目の沢崎が前に出て【3ソウ】を一発で放銃。出アガリでもウラドラが乗ればトップ逆転だが… 乗らず。

黒沢がたった一度のアガリでリードを守りきり、セミファイナル3勝目を勝ち取った。

黒沢はインタビューで、

「とにかくトップと監督やチームメイトからも言われて、出てきたんですけど…。取れたんですけど、ちっちゃいトップで(笑)。チーム状況を考えたら少しでも大きいトップを、と思ってたんですがギリギリ耐えてなんとかトップを取れたので、次に繋がると思ってよかったと思おうと思います」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 3万3400点/+53.4
2着 多井隆晴・ABEMAS 2万9800点/+9.8
3着 二階堂亜樹・風林火山 2万7100点/▲12.9
4着 沢崎誠サクラナイツ 9700点/▲50.3

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +288.0(12/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +273.3(12/16)
3位 赤坂ドリブンズ +77.7(12/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +0.9(12/16)
5位 EX風林火山 ▲153.4(12/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲155.8(12/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ9日目」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月26日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!