松本吉弘、堅実丁寧な打ち回しでセミファイナル初勝利!! ABEMAS、連勝でサクラナイツに肉薄!!

松本吉弘、

堅実丁寧な打ち回しで

セミファイナル初勝利!!

ABEMAS、連勝で

サクラナイツに肉薄!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル9日目、第1戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。東ラスにトップ目の瀬戸熊のリーチに回ってマンガンの返り討ちに仕留めた松本が、以降逃げ切ってトップでゴールイン。2着は内川で、上位陣がポイントを伸ばす第1試合となった。

第1戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして松本の4名。

東1局、親の内川が【3マン】【4マン】【赤5マン】とチーして345サンショクのテンパイ。ドラ1・赤2のペン【7マン】待ち(ドラ【8マン】)。

しかし、北家・勝又の喰いタンヤオ・ドラ1・赤1に捕まって3900点。開局は勝又が制する。

東3局1本場は、勝又と親の瀬戸熊のリーチ合戦。追いかけた瀬戸熊の待ちは、なんと【1マン】【4マン】【7マン】【3マン】【6マン】の5面張。勝又が【7マン】を掴んで、ピンフタンヤオ・赤1の12000点。トップ目の座は瀬戸熊に移る。

東4局、3巡目にテンパイした瀬戸熊が5巡目リーチ。ドラ1の【北】単騎。これに回って追いついたのが松本。タンヤオ・ドラ2・赤2のカン【5ソウ】待ち。この【5ソウ】を瀬戸熊が掴んで8000点。これでトップ目は松本に。

南1局1本場、今度は松本に5面張の手が入る。【3ソウ】【6ソウ】【9ソウ】【4ソウ】【7ソウ】待ちの【3ソウ】(ドラ)なら、ピンフタンヤオ・678サンショク・ドラ1・赤1のハネマン手。松本は、安目ながら【4ソウ】をツモって2000・4000を加点。他家を大きく引き離す。

オーラスは内川が3着目から2着目に浮上する、リーチ・チートイツ・赤2・ウラ2を勝又から仕留めて試合終了。

1・2・5・6位対決の第1試合は、1・2位のチームに軍配が上がった。

松本はインタビューで、

「全然トップ取れてなかったんで、皆さんお久しぶりです。展開が味方して、トップを取ることができました。前回、苦しい流れでトップを取ってくれた多井さんのおかげですね。気持ちいい状態で撃たせてもらったんで、それが勝因ですね」

と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 4万2000点/+62.0
2着 内川幸太郎サクラナイツ 3万1700点/+11.7
3着 瀬戸熊直樹・雷電 2万6900点/▲13.1
4着 勝又健志・風林火山 ▲600点/▲60.6

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +323.6(11/16)
2位 渋谷ABEMAS +278.2(11/16)
3位 赤坂ドリブンズ +77.7(12/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +0.9(12/16)
5位 EX風林火山 ▲140.5(11/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲209.2(11/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ9日目」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月26日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!