持てる者と持たざる者の明暗 緊迫の一戦を制した松本吉弘のベストバランス【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/26】担当記者:東川亮

持てる者と持たざる者の明暗 

緊迫の一戦を制した

松本吉弘のベストバランス

文・東川亮【月曜担当ライター】2021年4月26日

朝日新聞Mリーグ2020セミファイナル、最後の一週間の火蓋が切られた。

現状5位のEX風林火山・6位のTEAM雷電にとっては、もはや1試合たりとも落とせない。

しかし麻雀のリーグでは、勝っているチームに自由が許され、下位のチームには程度の差こそあれ制限が課される。

それが下位陣に壁となって立ちはだかるのは、よくあることだ。

4月26日 第1回戦

東家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

南家:松本吉弘渋谷ABEMAS

西家:瀬戸熊直樹TEAM雷電

北家:勝又健志EX風林火山 

局面が大きく動いたのは東3局1本場

この局は勝又が【6マン】【9マン】待ちリーチで先手を取る。

しかし親の瀬戸熊はカン【3ピン】を埋めて勝負形、無スジの【8ソウ】をためらいなく打ち抜いた。

こうなれば、少なくとも最終盤までは全面対決の構えだ。

瀬戸熊がテンパイ、しかも受けの少ない方から埋まった。

【1マン】【4マン】【7マン】【3マン】【6マン】の5メンチャンリーチで赤赤にタンヤオか平和も絡み、最低でも満貫スタート、高目ツモなら6000オールはおろか8000オールすらあり得る。

他の2人がオリてのリーチ勝負ならば、問題になるのは待ちの広さではなく山の残り枚数。

ここは見た目同様、瀬戸熊の待ちの方が多く残っていた。

先に積まれていたのは瀬戸熊のアガリ牌【7マン】、掴んだのは勝又。

ライバルを叩き落とす12000(+1本場)の直撃で、瀬戸熊がトップ目に浮上する。

東4局、トップ目の瀬戸熊に早いテンパイが入る。

3巡目でメンツ手の【北】単騎待ち、ここは一旦ヤミテンに構えた。

マンズやピンズなら多くの牌で待ちが増え、役がつくものも多い。

【赤5ソウ】はツモ切り。

5巡目、【5ピン】を引いたところでリーチ。

待ちは【5ピン】【8ピン】に取らず、【北】単騎続行とした。

【北】は他3者からすればオタ風でドラでもなく、使いにくい牌。

それが出ないということで、山に残っている、あるいは早い巡目ならツモ切られると読んだのか。

ただ、【北】はこの時点で内川の手に2枚あった。

現物がなくなれば選ばれることもありそうだが、山には残り1枚だけ。

松本や勝又が前に出るなら切られるが、アガリにくい牌であることには変わりない。

 

そこに対し、親番の勝又が必死の仕掛けで粘る。

しかし、両者の間隙を縫って追いついたのが松本だった。

リーチを受けた時点では1メンツしかなかったのだが・・・

ツモが利き、それほど危険な牌を打たずに瀬戸熊の現物【5ソウ】待ちでテンパイ。

打点もタンヤオドラドラ赤赤で8000以上が確保されている。

 

これを瀬戸熊から捕らえて8000。

トップ目からの直撃で、自身がトップ目に浮上した。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!