2位を巡る駆け引きと激突 宮内こずえ・丸山奏子・瑞原明奈の明暗を分けた1牌の差 麻雀最強戦2021「女流プロMの城壁」観戦記【A卓】担当記者:東川亮

2位を巡る駆け引きと激突 

宮内こずえ 丸山奏子

瑞原明奈の明暗を分けた

1牌の差

【A卓】担当記者:東川亮 2021年7月10日(土)

 

麻雀最強戦2021で2度目となる、女性プロ同士の激突「女流プロMの城壁」。

今大会にはMリーガー、そして実績・経験・実力共にトップと言える女性プロたちがそろった。

予選卓は2位までが勝ち上がれるレギュレーション。

本記事で取り上げるA卓では、2位を巡る紙一重の争いが最後の最後まで繰り広げられた。

丸山奏子

2019年のMリーグドラフトで赤坂ドリブンズの指名を受けてから、およそ2年がたった。

厳しい相手と戦いながら、頼もしすぎるチームメートと共に歩んだ年月は、間違いなく彼女を強くしたはずだ。

相手に不足はなし、結果が全ての戦いで結果を出し、自らの力を証明したい。

 

瑞原明奈

2019年のMリーグドラフトでU-NEXT Piratesを受け、1シーズン目で頂点へとたどり着いた。

だが、麻雀最強戦ではまだファイナル進出はない。

一人の女海賊として、自身の強さ、そして価値をこの舞台で示す。

 

高宮まり

Mリーグ・KONAMI麻雀格闘倶楽部で3年間にわたって活躍を続けている。

今や女性麻雀プロを代表する存在と言っても過言ではないだろう。

この日は髪の毛を虹色に染めての登場、それにしてもセクシーが過ぎる。

 

宮内こずえ

長らく麻雀界の最前線を走り続けてきたトッププロの一人。

Mリーガー3人を相手に、一番燃えているのはこの人かもしれない。

麻雀最強戦の舞台で、いま一度強さを見せつける。

 

東1局、親の丸山はいきなり苦しんでいた。

首に手をやるしぐさは、彼女が長考するときによく見る気がする。

手牌はリャンメン二つの1シャンテン、ドラ3で満貫スタートという勝負手だった。

だが画面を見れば分かるように、リーチ宣言牌になるであろう【9ピン】は宮内のリーチのロン牌。

もちろんテンパイなら打つはずだが、そこへ3枚目の【9ピン】を持って来た。

2位まで勝ち抜けの予選卓で、この手をアガりきれば相当予選突破に近づくことができる。

だが、仮に放銃したとなればその逆、敗退が色濃く見えてくる。

攻めたいのはやまやま、だが巡目は15巡目、1シャンテンから【9ピン】を打っていいのか。

丸山は【7マン】切りを選択、いったんこらえる。

では、テンパイならどうか。

まさかの【9ピン】引きだが、

出ていく【6マン】が今度は高宮に当たる。

これもこらえ、流局。

「親だから」「打点があるから」

そんな言葉に甘えず、リアルを見つめて判断した、丸山の胆力が光った一局だった。

だが、丸山はこのあと2局連続で3900を放銃。

点数を減らし、やや他3者に遅れを取ってしまう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!