仲林圭プロに学んだこと(メモ)

最強戦実行委員長の金本です。

今日は仲林圭プロと吉田光太プロに竹書房にお越しいただき、先日の麻雀最強戦2021男子プロ超技能バトルの検討会をしてもらいました。

Youtube配信での検討会で仲林圭プロが言っていたことのメモです。

安牌は【2ピン】【中】とあるのに山田に通ってない【1マン】を切った理由は、【1マン】を鳴きそうだから。早い【5マン】切りなどから。鳴いてテンパイ取ってもらって局を増やしたい。

 

【白】をポンしている状態。

ただし点棒状況が、自分15200、三浦35100。3900は4800をアガると20000になるがオーラス15100点差でハネツモ届かない。よって【7マン】が来たらツモ切ろうと思っていた【南】ポンリャンメンか一通かどちらかを付けて満貫にするため。

オーラス1万点差。マンガンつもで届かないのにリーチしたのは、一発ツモもあるが、たとえここでツモったのが【南】でも七対子のみでリーチ、それもノータイムで、と考えていた。

とにかく三浦をオロしたいので、ノータイムでリーチすることが大事だと考えていた。

 

その他、YouTubeで全て見れますので是非ご覧ください。

なお多井隆晴プロとは決勝で当たりたいそうです。

対局全て見るのはこちらから

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!