華奢な身体で強面3人をなぎ倒す、ベルセルク高宮まりの豪放麻雀 【Mリーグ2021観戦記 11/15】担当記者:危険な鬼太郎

華奢な身体で

強面3人をなぎ倒す、

ベルセルク高宮まりの

豪放麻雀 

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2021年11月15日

対局中の顔が怖い村上、瀬戸熊と、逆にすごくキュートな高宮と多井という4人の対局となった2回戦。

1位をとって笑顔でインタビューを受けたいとこの4人は思っているだろうが、その権利を得れるのはこの中のたった一人だけ。

果たして誰がトップを取り、素敵な笑顔でのインタビューを見せてくれるのか。

【2回戦】

東1局1本場 親・高宮 ドラ【4マン】

高宮がメンホンを瀬戸熊から出アガリ迎えた次局。多井が2巡目にドラの【4マン】をスッと先打ち。

打牌の信頼度はMリーガー随一と言ってもいい多井。やはり序盤にドラを切ったので中々の手に育っている。

そして多井はすぐに【中】をポンでき、ツモも好調で

すぐに【6ソウ】【9ソウ】のシャンポンの聴牌を入れる事に成功する。この巡目ならば、いくら多井の仕掛けだろうと他家から【9ソウ】程度の出アガリは期待できる。

多井の上家の村上が【2ソウ】を掴んで長考。

自分の手都合で考えれば是が非でも切りたい【2ソウ】。もうリーチタンヤオピンフドラが目の前に見えている。ピンズで雀頭を作ると将来【6ソウ】が危なくなるが…。

とは言え下家の多井はドラの【4マン】を早々と切って、一応はソウズの【1ソウ】が河にもう余っている。

流石にまだ聴牌とは思わないが、手牌の中にはもうある程度ソウズが溢れていそう。

ならば…。

ここは打【7ピン】。ソウズを完璧に手牌に収納して受ける。

多井が【7ソウ】を引いて手替わり。

【6ソウ】としての【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】【9ソウ】の四面張に待ちを変える。そして村上は当然この多井から打たれた【6ソウ】をポン!

これが村上淳の真骨頂。ソウズを多井に絞りながらも【4マン】【7マン】の聴牌を入れる事に成功する。流石の粘り強さだ。

しかしここは、

一盃口ドラの聴牌を入れていた瀬戸熊が【8ソウ】を強打し、

【中】ホンイツの3900の放銃。最速最強の二つ名の通り早くて高いアガリとなった。


東2局
 親・瀬戸熊 ドラ【3マン】

親番の瀬戸熊が、かなり気持ちの悪い捨て牌で先制リーチを打つ!

ホンロウ七対子の【中】単騎。

自分で切っている【6マン】をもう1回手出ししてのリーチなので、若干は七対子には見えにくいものの、やはり捨て牌がチャンタか七対子の河になっているので端牌や字牌は切りにくく見える。

多井は村上から【6マン】を切られるとこれを【赤5マン】含みでカンチャンチーし、

【中】ドラ1の【5ソウ】【6ソウ】の並びシャンポンの聴牌を入れる。若干【西】を捨てる時に怖かったのか打牌に力がこもる。

どっちみち現物が【5ソウ】しかないのである程度は前に進む。降り打ちするよりもアガり切る方が早いだろうと、ガムシャラに突き進む。ややもすれば瀬戸熊に現物の【5ソウ】の出アガリは、他家からも期待できる。

それにこの手はツモったら三暗刻もついてマンガンになる。二重に美味しい手だ。

多井はしばらくこの聴牌で押し通し、【7ピン】を引いて長考。

まだまだある程度は押し通したいので、この【7ピン】は考える間もなく切るかと思いきやここでよく考える。この手でパッと【7ピン】を切ってしまうとこの後にピンズの上を引いてしまうと、降りるかもう1牌勝負するか選択しなければいけなくなる。

なので多井はここで

現物の【5ソウ】を切って一旦は聴牌を壊し、ピンズを伸ばしに行く。これが功を奏し、

【6ピン】を引いて【5ピン】【8ピン】の聴牌を入れる事に成功する。これが村上とは少し違う、多井の受け方か。

ややもすれば暗刻の【中】を切って瀬戸熊に放銃する危険もある中で、多井は見事に

瀬戸熊から【8ピン】を捉えて【中】ドラで2600点の出アガリ。最速じゃなかったのに上手く瀬戸熊を追い越した。

東3局 親・村上 ドラ【3ソウ】

高宮がドラ4の化け物手の聴牌を入れて選択。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!