日向藍子、的確な押し引きでABEMAS、2勝目!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

日向藍子、

的確な押し引きで

ABEMASに2勝目!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021ファイナルシリーズ」の4日目、第1戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。親番でウラドラ3枚のマンガンを決めた日向が、辛くも逃げ切り。ABEMASにファイナル2勝目を持ち帰った。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典セガサミーフェニックス近藤誠一、そして日向の4名。

東1局、親の日向がダブ【東】から仕掛けて、ドラ1の5800点を滝沢から討ち取り。日向が好スタートを切る。

東2局2本場は、岡田が近藤とのリーチ合戦に競り勝ち、近藤から3900点を徴収。

東4局1本場には近藤が、親で喰いタンヤオで仕掛けてドラ2の2000オールをアガってトップ目に立つ。

南1局、3番手に後退した日向が字牌を並べて4巡目にリーチ。【1マン】【4マン】待ちの【4マン】が追いかけリーチをかけた岡田から出る。リーチのみかと思われたが、ウラドラが3枚乗って12000点。日向がトップ目に返り咲く。

南4局1本場、微差でトップの日向に岡田と滝沢のリーチが襲いかかる。…が、流局で試合終了。

日向が辛くも逃げ切って、ABEMASに2勝目をもたらした。滝沢は痛恨のラスで、麻雀格闘倶楽部が優勝から一歩遠ざかった。

日向はインタビューで、

「優勝争いできるってことがうれしいです。手の形が良くて戦えそうな手が続いてくれていたので、ずっと感謝してました。まだできる! あ、まだできる! みたいなそんな感じでした(笑)」

と語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 3万7500点/+57.5
2着 近藤誠一・フェニックス 3万2700点/+12.7
3着 岡田紗佳サクラナイツ 2万3800点/▲16.2
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 6000点/▲54.0

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +174.7(7/12)
2位 セガサミーフェニックス +146.1(7/12)
3位 渋谷ABEMAS +102.7(7/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲84.6(7/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ4日目

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月22日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:小林剛
解説:瑞原明奈
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ4日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!