魚谷侑未、佐々木寿人を猛追!! みごと差し切ってフェニックス3勝目!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

魚谷侑未

佐々木寿人を猛追!!

みごと差し切って

フェニックス3勝目!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021ファイナルシリーズ」の4日目、第2戦は魚谷侑未セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。先行する佐々木を、南場で魚谷が逆転。フェニックスが3勝目をゲットした。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人渋谷ABEMAS多井隆晴セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして日向の4名。

東3局1本場、後がない麻雀格闘倶楽部・佐々木がスタートダッシュを決める。3巡目リーチの【1マン】【4マン】【7マン】待ち。ピンフ・高めイッツーの高め【1マン】を魚谷から討ち取って8000点。

南1局には、トップ目の佐々木が11巡目にペン【7マン】待ちをリーチ・一発・ツモ・ドラ1・赤1の2000・4000でリードを広げる(ドラ【7マン】)。

南2局1本場、魚谷がドラアンコのカン【2ピン】待ちをリーチ・ツモ。佐々木にマンガンの親被りをさせて反撃の狼煙を上げる。

南3局1本場には、マンズで染めていた多井が【3ソウ】をツモ切ると魚谷にストライク。サンショク・ドラ1・赤1の8000点。これで魚谷が佐々木を100点かわしてトップ目に立つ。

魚谷はオーラスも自ら【發】を仕掛けて、1000点を佐々木から直撃し、自力でトップを決めた。

魚谷はインタビューで、

「道中はトップは厳しいのかなという展開だったんですけど、恵まれてました。(2日を残して首位について)点差的には全然どうなるかわからないので、油断せずにこの後もチームのみんなでがんばりたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 3万6100点/+56.1
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万4000点/+14.0
3着 内川幸太郎サクラナイツ 2万2900点/▲17.1
4着 多井隆晴・ABEMAS 7000点/▲53.0

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +202.2(8/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +157.6(8/12)
3位 渋谷ABEMAS +49.7(8/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲70.6(8/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ4日目

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月22日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:小林剛
解説:瑞原明奈
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ4日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!