俺たちのエース園田賢はドリブンズに1ヶ月ぶりのトップを持ち帰ることが出来るのか?【Mリーグ2022-23観戦記11/3】担当記者:ゆうせー

俺たちのエース園田賢
ドリブンズに1ヶ月ぶりの
トップを持ち帰ることが
出来るのか?

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年 11月 3日

悪夢だ。

-385.9。

開幕戦の勝利以来、17戦ノートップ。

初年度王者ドリブンズが不調にあえいでいる。

今年度はファイナルに進めないと、選手を入れ替えなければならない赤坂ドリブンズ

もう、これ以上は負けられない。

信じて送り出すのは、今季早くも7戦目の出場となる、

絶対的エース、園田賢

今夜は誰にも「なんなん?」とは言わせない。

第1試合

東家:仲林圭(U-NEXT Pirates)
南家:二階堂亜樹(EX風林火山)
西家:園田賢(赤坂ドリブンズ)
北家:岡田紗佳(KADOKAWAサクラナイツ)

東1局は、

【2ソウ】を暗カンした亜樹が、リーチツモタンヤオ1600-3200のツモアガリ。

東2局は、

最後の手番で、仲林がメンピンツモ赤、1300-2600をツモアガリ。

ここで、この2局での園田の配牌を見てみよう。

東1局 園田の配牌

0メンツ2リャンメン…

東2局 園田の配牌

今度は0メンツ1リャンメン…

しかし、園田の親番は次局だ。次に手が入ればいい、

東3局 園田の配牌は…

おい!! また0メンツ1リャンメンやないか!!!

「なんなん」というか、もはや「なんやねん」ぐらいの感情になるが、園田はやるべきことをやっていく。

まずは赤を引いて打【1マン】

急所が多い123三色よりも、自由度の高い役牌の重なりにウエイトをおく。

4巡目、

渇望していた【3ピン】を引いて、門前も見えてきたので打【發】

園田は仕掛けが多いイメージだが、何でも鳴く構えにするわけではない。

ここで【8ピン】を残したことが後になって効いてくる。

次巡、

その【8ピン】が縦に重なって打【6マン】

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!