白鳥翔の連荘が終わらない!! 本田朋広の追撃をかわして 2勝目獲得!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

白鳥翔の連荘が終わらない!

本田朋広の追撃を

かわして2勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の20日目、第1戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。リードする本田を自身の親番でまくった白鳥が、南場を抑えて逃げ切りトップ。個人2勝目、ABEMASは早くも500ポイントに乗せた。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典セガサミーフェニックス茅森早香TEAM RAIDEN / 雷電・本田朋広、そして白鳥翔の4名。

東3局に、本田が親番でリーチ・ツモ・イッツ―・ウラ2の6000オールをアガってトップ目に立つ。白鳥は東4局の親番をラス目で迎える。

東4局3本場、茅森のリーチに追いかけた白鳥はピンフタンヤオ・ドラ1の12000点を茅森から討ち取ることに成功。白鳥、一気に2番手に浮上する。

同4本場では、ペン【3ピン】待ちテンパイをリーチ・一発・ツモ(ドラ【2ピン】)の4000オールをツモアガり、本田をかわして一気にトップ目に躍り出る。

7本場まで積んだ白鳥、いっときは5万点を超える点棒を所持するに至った。

その後、茅森・本田の追撃に肝を冷やすシーンもあったが、オーラスは本田が茅森からマンガンをアガって2着を確定させて試合終了。白鳥が2勝目を獲得、ABEMASは500ポイントを超えて独走態勢に拍車をかけた。

白鳥はインタビューで、

「今回はとりあえず、内容は微妙だったんですけどトップ取れてよかったです。とりあえず今日で麻雀は顔で打つものじゃないということは証明できたかなと思いますので(笑)、これからもいい麻雀ライフをおくってください」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 3万4900点/+54.9
2着 本田朋広・雷電 3万2600点/+12.6
3着 茅森早香・フェニックス 2万400点/▲19.6
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 1万2100点/▲47.9

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +513.3(19/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +99.9(19/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +8.2(20/94)
4位 EX風林火山 ▲3.7(20/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲13.4(19/94)
6位 U-NEXT Pirates ▲50.0(20/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲202.5(19/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲351.8(20/94)

大和証券Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvs雷電 

詳細情報
KONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:朝倉康心
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックスvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!