内川幸太郎、会心のフリテンリーチ!! 親ハネマンの一撃でサクラナイツの窮地を救う!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

内川幸太郎、会心の

フリテンリーチ!!

親ハネマンの一撃で

サクラナイツの窮地を救う!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の28日目、第1戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。親番でのフリテンリーチを成就させた内川が、個人2勝目。昨日、最下位に沈んだサクラナイツを7位をうかがえる位置にまで引き上げた。

第1戦の対局者は、EX風林火山松ヶ瀬隆弥セガサミーフェニックス東城りおU-NEXT Pirates鈴木優、そして内川の4名。

全11局中6局が流局となった第1試合。

東2局2本場、親の内川が7巡目にリーチをかける。ピンフイーペーコー・高めタンヤオ・赤1の【1マン】【4マン】待ち。しかし内川の河の3巡目に【1マン】が切られているフリテンリーチ。

そして5巡後に高めの【4マン】をツモアガリ。6000オールで一気に内川が抜け出す。

独走する内川にブレーキがかかったのが南1局2本場。東城の先制リーチに追いかけt内川だったが、東城のアタリ牌をつかんで返り討ちに。ピンフタンヤオ・ドラ1・ウラ1の8000点。

若干点棒を減らしたものの、依然トップの内川。オーラスに松ヶ瀬が2着狙いの【發】ポンにでるや、狙いすまして2000点の放銃。連荘を狙う鈴木の親を落として試合終了。

内川が一度もトップ目の座を明け渡すことなく、個人2勝目を獲得した。

内川はインタビューで、

「個人2勝目というのもうれしいですが、(チームの)スコア的には心配してないんですが直近の成績が悪いとこの先の未来が心配になっちゃうところだったので、今日はがんばろうかなっていう気がありました」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 3万6700点/+56.7
2着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 2万4600点/+4.6
3着 東城りお・フェニックス 2万1400点/▲18.6
4着 鈴木優・Pirates 1万7300点/▲42.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +408.3(28/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +146.2(28/94)
3位 EX風林火山 +18.4(27/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲79.8(28/94)
5位 セガサミーフェニックス ▲116.6(27/94)
6位 赤坂ドリブンズ ▲122.2(28/94)
7位 U-NEXT Pirates ▲122.9(27/94)
8位 KADOKAWAサクラナイツ ▲131.4(27/94)

大和証券Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvs Pirates 

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvs Pirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!