二階堂亜樹、個人2連勝!! 高打点を決めて、マイナス返済まであとわずか!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

二階堂亜樹、個人2連勝!!

高打点を決めて、マイナス

返済まであとわずか!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の28日目、第2戦は二階堂亜樹EX風林火山)が、トップを獲得。開局からマンガン・ハネマンと大きなアガリを決めた二階堂が逃げ切って、個人連勝。風林火山は上位陣挑めるポジションにつけた。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎セガサミーフェニックス近藤誠一U-NEXT Pirates仲林圭、そして二階堂の4名。

東1局、南家・二階堂がピンフ・赤2の先制リーチをかけると1巡おいて西家・仲林から追いかけリーチがかかる。両者の待ちはともに【4ピン】【7ピン】(ドラ【4ピン】)。ツモるのはどちら!? と思うまもなく二階堂が即座に【7ピン】ツモアガリ。2000・4000で先行する。

親をむかえた二階堂は、またも先制リーチ。タンヤオイーペーコーピンフ含みの【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】待ち。押してきた近藤から高め【8ソウ】を召し捕ると、ウラが2枚。18000点の直撃で二階堂が大きくリードを広げる。

東3局には、西家・内川がリーチ・ツモ・チートイツ・ドラ2・ウラ4のバイマンをツモって、二階堂に反旗を翻すが、南3局に二階堂のヤミテンに捕まってしまう。タンヤオ・ドラ1・赤1の5200点。このアガリで6万点を超えた二階堂は、安全圏へ。

オーラス2本場は、仲林が2着に浮上するマンガンツモを決めて試合終了。二階堂がバースデートップに続くトップを獲得、2連勝を手にした。

二階堂はインタビューで、

「今日はすごく手が入っていたので、トップ取れてよかったなと思います。個人的な話ですけれど、これでけっこうマイナスを返せたかなと。ただ全然まだマイナスなので、次もトップ目指して頑張りたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 二階堂亜樹・風林火山 5万9500点/+79.5
2着 仲林圭・Pirates 2万2900点/+2.9
3着 内川幸太郎サクラナイツ 2万1900点/▲18.1
4着 近藤誠一・フェニックス ▲4300点/▲64.3

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +408.3(28/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +146.2(28/94)
3位 EX風林火山 +97.9(28/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲79.8(28/94)
5位 U-NEXT Pirates ▲120.0(28/94)
6位 赤坂ドリブンズ ▲122.2(28/94)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲149.5(28/94)
8位 セガサミーフェニックス ▲180.9(28/94)

大和証券Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvs Pirates 

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvs Pirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!