【 #天鳳×Vtuber杯 2022 第1試合観戦記】白鳥翔、鈴木優を捉えた闇からの一撃 【文・東川亮】

12月4日に行われた「天鳳×Vtuber杯チーム対抗戦2022」は、ゆるもたんさんが企画した、ネット麻雀の強者を集めたチーム対抗戦。以下のレギュレーションで、ネット麻雀「天鳳」を使い、全5試合の結果で優勝が争われる。

■大会ルール
4人打ち東南戦喰いあり赤あり30000点持ち30000点返し
ウマ10-30オカなし(大将戦のみウマは2倍)
※その他ルールは最高位戦ルールに準拠

第1試合は「麻雀プロ枠」。ネット麻雀を打ち込む麻雀プロたちによる戦いとなった。

第1試合
東家:岩崎啓悟(チームうしさん)
南家: 渋川難波(チームあさぴん)
西家: 白鳥翔(チームいばらぎ)
北家:鈴木優(チーム太くないお

東3局、優がドラ【白】を1巡目に切ると、親の白鳥がポン。早々に場が煮詰まる。

だが、優も【4ソウ】から仕掛けて【2ピン】【4ピン】のテンパイを入れる。【2ピン】は既になかったが、フリテン【3ピン】【6ピン】【9ピン】に受け変えてツモアガリ。親のドラポンを自らの手で蹴ることに成功した。優のネット麻雀での主戦場は、鳳凰卓東風戦(通称:鳳東)。一つの選択が勝敗を左右するシビアさ、特にアガリへの嗅覚が求められる場が、優の麻雀をより鋭利に研ぎ澄ましている。

南1局は親の岩崎がホンイツ仕掛け、ペン【7マン】待ちテンパイ、渋川が【4マン】【7マン】待ちリーチで追いつく。渋川の放銃はない有利な状況だったが、岩崎が【7マン】をツモって4000オール。このアガリでトップ目に浮上した。岩崎は、本来出場予定だったキンマwebでもおなじみの沖中祐也プロ(ZERO)が別大会で勝ち上がったため、代役としてこの舞台に出場することになった。ネット麻雀界では強者として名が知られているが、プロとしてのキャリアや知名度は、Mリーガー3名に大きく劣っている。注目されるこの舞台で、やってやろうという思いは非常に強かったはずだ。

だが、そうやすやすとやらせてくれる相手ではない。南2局2本場、優が【7マン】ポンからのペン4p待ちを見事にツモって再びトップへ浮上。

南3局、岩崎を再逆転していた優は、白鳥の親番を無事に流せればほぼトップを手中に収められる。よりアガりやすい手組みをするべく、【8ピン】をチー、1シャンテンから1シャンテンの鳴きで、タンヤオに向かう。確かにこの方が後の仕掛けも使えるが、手牌はかなりの良形であり、鳴けない打ち手が多いのではないだろうか。なんとも優らしい仕掛けである。

だが、白鳥が追いついてリーチをかけてツモアガリ。2枚見られる裏ドラがなんとどちらも雀頭【2マン】、まさかの 6000オールで優をかわしてトップ目に立つ。

オーラスは、白鳥が苦しい仕掛けでアガリトップに向かうも、優が【2マン】【5マン】待ちリーチで先手を取る。白鳥も両無スジの【5ソウ】を切って【2ソウ】【8ソウ】テンパイを入れたが、最終盤につかんだ【2マン】で放銃、優が再逆転した。

オーラス1本場、白鳥が【3ピン】【6ピン】待ち、高目三色という逆転のテンパイを入れる。高目【6ピン】出アガリなだどこから出てもOK、安目【3ピン】はツモ直条件というところで、カンができる4枚目の【7ソウ】を引く。

だが、この【7ソウ】をツモ切り。優にオリを選ばせないよう、気配を消した。

姿を現していれば、間違いなく優は切らなかっただろう。白鳥が、冥府の闇から優を刺した漆黒の一撃。5200の直撃で、白鳥が逆転で初戦を飾った。

■順位
1位:白鳥翔(チームいばらぎ) +42.6
2位:鈴木優(チーム太くないお) +20.5
3位:岩崎啓悟(チームうしさん)  ▲12.6
4位:渋川難波(チームあさぴん) ▲50.8

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊