【 #天鳳Vtuber杯 2022 第2試合観戦記】野良天鳳位お知らせ、卓越したゲームメークで一般予選優勝者たちを蹂躙 【文・東川亮】

「天鳳×Vtuber杯チーム対抗戦2022」、第2試合は「一般予選優勝枠」。大会に先駆けて行われた一般予選で優勝した4名による対戦となる。ただ、チームうしさんの予選を勝ち上がった代表者はなんと、天鳳位・お知らせ。名を隠して参加した一般予選を、自力で勝ち上がったのだという。野良の天鳳位が、その力を発揮するか。

第2試合
東家:かわちゃん(チーム太くないお)  +20.5
南家:エリック(チームいばらき) +42.6
西家:お知らせ(チームうしさん) ▲12.6
北家:からくち(チームあさぴん) ▲50.8

東3局1本場、親番中のお知らせは、【2ピン】【3ピン】の並びシャンポン待ちテンパイを取らない【3ピン】切り。既に1枚ずつ飛んでいてアガリが薄いこともあるが、ソーズの連続形を生かしたさらなる好形変化などを視野に入れた、柔軟な構えである。

ドラの【2ソウ】を鳴いてカン【3ソウ】待ちテンパイ。打点が5800に上昇し、手牌の価値が高まった。

からくちの【3ソウ】を捉えて5800は6100。周りを半歩リードし、さらに連荘。

この試合のクライマックスとなったのが、お知らせ猛連荘で迎えた東3局4本場。お知らせが【3ソウ】【6ソウ】待ちの先制テンパイを入れると、からくちも【4ソウ】【7ソウ】待ちテンパイで追いつく。ただ、注目してほしいのはエリック。

【9マン】を暗槓すると、【9ソウ】を引き入れて四暗刻1シャンテンに。お知らせは打ち出された【赤5ピン】をポンして【4ソウ】単騎に受け変える。【3ソウ】【6ソウ】が場に見えすぎており、【4ソウ】待ちの方がいい、あるいはマンズの多メンチャン変化への渡りも見たか。

エリックが【7ソウ】を暗刻にしてリーチ!この時点で待ち牌の【1ソウ】【9ソウ】sは合わせて3枚ある。出アガリでもリーチトイトイ三暗刻ドラドラのハネ満スタート、【9ソウ】なら倍満以上が確定という超大物手だ。

だが、ここはお知らせがラス牌の【4ソウ】をツモって決着。役満はならずとも、放送席は大いに湧いた。

その後、南2局の親番でエリックがチートイツをツモれば、

かわちゃんも満貫ツモを決めて2位争いが激化。

最後はエリックがかわちゃんからアガって、2位で試合を終えた。お知らせは、最大で6万点台半ばまで増やした点数を多少吐き出したものの、しっかりとトップでフィニッシュ。さすがのゲーム回しを見せた。からくちは要所要所では放送席をうならせる絶妙な判断を見せていたものの、結果的には大きなラス。チームあさぴんは連敗となってしまっている。

■順位
1位:お知らせ(チームうしさん) +48.3
2位:エリック(チームいばらき) +20.5
3位:かわちゃん(チーム太くないお)  ▲8.9
4位:からくち(チームあさぴん) ▲59.9

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊