【 #天鳳Vtuber杯 2022 第4試合観戦記】鳳東のうさぎさん、優勝への獣道を明るく照らす衝撃の一発ツモ【文・東川亮】

「天鳳×Vtuber杯チーム対抗戦2022」、第4試合は「強者ドラフト枠」「天鳳十段以上経験」を申請資格とする、ネット麻雀強者のみを対象としたドラフトを行い、選ばれた4名による対戦である。天鳳位のじょにおん!!・マーク2、鳳凰卓東風戦で名を馳せる鳳東のうさぎさん、そして麻雀最強戦などリアル麻雀でもおなじみの山越。いずれも負けず劣らずの強者であり、好勝負必至だ。

第4試合
東家:山越 (チームうしさん) +52.8
南家:鳳東のうさぎさん(チーム太くないお) +62.1
西家:マーク2(チームいばらぎ) +7.4
北家:じょにおん!! (チームあさぴん) ▲122.3

東3局2本場にアクシデント、山越が回線切れとなってしまう。それに気付いたじょにおん!!は、手番を時間いっぱい使って復帰を待った。相手の麻雀外の不運に乗じるのではなく、フェアな状態で勝敗を競う。ネット麻雀打ちのフェアプレー精神が見られた1シーンだった。

すぐに復帰した山越が中南と鳴いてテンパイをするが、そこにマーク2がリーチをぶつける。三色こそ崩れたが親番でドラ3、破壊力は抜群だ。

山越の待ちは既になく、【4ピン】で放銃。マーク2が12000の高打点を決めてトップに踊り出る。

マーク2は南1局でも親の山越とのリーチ対決をドラツモで制し、3000-6000。一気に突き抜けて勝利を確定させたかに見えた。


迎えたオーラス、親のじょにおん!! がわずか4巡で先制リーチをかける。これを素早くチーしたのが山越。一発を消すと共に、ピンズの一気通貫などで前に出る。

かなり遠いところからの仕掛けだったが、【7ピン】待ちでテンパイ(【8ピン】は役なし)。現状3位、トップがチームいばらぎのマーク2で、自分がアガれば最終戦に現実的な条件を残せる、はずだった。

そこに、安パイを切りながら手を進めていた鳳東のうさぎさんが、高目でマーク2を逆転できる倍満条件クリアのテンパイを入れ、リーチをかけた。マーク2は一発を消せたものの、手持ちの牌の種類が少なく、鳴いた後に手詰まる可能性があるため、これをスルー。実際、2番手の鳳東のうさぎさんにも親のじょにおん!!にも放銃はしたくない状況だった。

鳳東のうさぎさんの、三色になる【5マン】は山に赤が1枚だけ。それがまさか、一発目のツモに眠っていようとは。劇的な倍満ツモで大逆転トップを飾り、チーム太くないおが優勝へと大きく前進する結果となった。

■順位
1位:鳳東のうさぎさん(チーム太くないお) +56.2
2位:マーク2(チームいばらぎ) +34.1
3位:山越 (チームうしさん) ▲32.8
4位:じょにおん!! (チームあさぴん) ▲57.5

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊