【 #天鳳Vtuber杯 2022 第3試合観戦記】幻影の可能性より確かな利を ルイス・キャミーが追い求めた、緑一色の夢の果て 【文・東川亮】

「天鳳×Vtuber杯チーム対抗戦2022」、第3試合は「Vtuber枠」。麻雀配信で活躍している4名のVTuberによる戦いである。4名がそれぞれに楽しい麻雀配信を行っているだけに、勝ち負けはもちろん、楽しい戦いを期待したい。

第3試合
東家:朝陽にいな(チームいばらぎ) +63.1
南家:鴨神にゅう(チーム太くないお) +11.6
西家:ざき(チームうしさん) +36.0
北家:ルイス・キャミー (チームあさぴん) ▲110.7

東1局。鴨神がカン2m待ちリーチをかける。朝陽、ざきは撤退するも、ルイスはテンパイをキープしていた。ハイテイで引いてきたのは4s、両無スジの超危険牌である。

少考の末、ルイスは押した。ここで1牌押してテンパイ料をもぎ取るのが、後の展開を有利にすることをルイスは知っている。チームも劣勢、ここで起爆剤となりたい思いは強かったはずだ。

東2局2本場
ルイスの配牌は何の変哲もない凡手だった。赤もドラもなく、ホンイツこそ見えるものの、鴨神はともかく朝陽やざきと比べれば確実に見劣りする。

【4ソウ】を引くと、直後の【發】をポン。ホンイツに一歩前進といったところだが、この時点で気配は感じるだろうか。

【6ソウ】を引き、切った中をざきが鳴く。

ツモ【8ソウ】。まさかの伸びで、なんと緑一色1シャンテンまでたどりついた。しかも、緑一色【5ソウ】【7ソウ】などが受け入れに残って崩れる形になりやすいが、今回はかなり受けの形がいい。【6ソウ】を入れてのテンパイなら【2ソウ】【3ソウ】【5ソウ】で3分の2が役満、【3ソウ】引きや【2ソウ】チーなどできようものなら確定の緑一色テンパイとなる。

【1ソウ】引きで、いったんは5200のテンパイ。ただ、ざきの【2ソウ】はロンせずチーして緑一色テンパイに受け変えることも可能だ。

ツモってしまった。だが、ルイスの動きが止まる。自動アガリではなく、きちんと自分で判断することを考えていた、ということだ。夢を追うのか、実利を取るのか。

この1300-2600をアガれば、いったんは鴨神をかわしてトップ目に立つ。一方で、このチャンスを逃せば緑一色なんていつアガれるか分からない。打点的破壊力も十分過ぎる。もちろん、アガらない選択もあったはずだが、迷った末に、怪盗は目の前の利を取った。

だが、その後のルイスには逆風が吹いた。鴨神の逆転を許すと、南2局チートイツのリーチをかけたところにざきの三色確定リーチを受け、一発放銃。ラス目に落ちてしまう。

南3局、ざきが【3マン】待ちのチートイツでリーチ。ルイスからはノーチャンスでいつ打ち出されてもおかしくない牌ではあったが、ルイスは愚形テンパイを拒否して4連形を生かす形にこだわることで放銃を回避する。

構想通りマンズを伸ばしきり、フリテンとはいえ【2マン】【5マン】【8マン】待ちでリーチをかけるが、一発で引いてきたのはざきのロン牌【3マン】、これが最後の1枚だった。

オーラスの親番では起死回生の6000オールをツモって大きく加点をするも、最後は鴨神が逃げ切り。ざきが2位に滑り込み、朝陽は見せ場を作れず悔しい4位で試合を終えた。3位で試合を終えたルイスだったが、見ているものに強烈なインパクトを残したのは、やはり彼女ではなかっただろうか。

■順位
1位:鴨神にゅう(チーム太くないお) +50.5
2位:ざき(チームうしさん) +16.8
3位:ルイス・キャミー (チームあさぴん) ▲11.6
4位:朝陽にいな(チームいばらぎ) ▲55.7

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 近代麻雀戦術シリーズ新刊!