伊達朱里紗、南場の親で大爆発!! 麻雀格闘倶楽部、1戦で首位奪還!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

伊達朱里紗、

南場の親で大爆発!!

麻雀格闘倶楽部、1戦で

首位奪還!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の57日目、第2戦は伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。南1局の親番で高打点を連発した伊達がダントツ勝利で7勝目。1戦目の高宮のラスを取り返して余りあるトップで、麻雀格闘倶楽部は1戦で首位に返り咲いた。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲U-NEXT Pirates仲林圭、そして伊達の4名。

伊達が3着目で迎えた南1局1本場。【9ピン】をチーしての【發】・ドラ3・赤1の12000点を松本から直撃。伊達が一気にトップ目に立つ。

同2本場、仲林のリーチに対して三暗刻・ドラ3・赤1のカン【2マン】待ちテンパイの伊達は押し切って仲林から【2マン】を討ち取って18000点。

同3本場ではさらにドラ1・赤1の手をリーチ・ツモで4000オールを加点。

さらにさらに4本場、タンヤオサンショク・赤2の4000オールを上積み。なんと南1局だけで5万4000点を獲得してダントツのトップで試合終了。伊達は個人7勝目を獲得し、麻雀格闘倶楽部を即座に首位の座に返り咲かせた。

伊達はインタビューで、

「本当に爆運ですいません。ただこういったいい運を生かせるように我々麻雀プロは普段稽古しているつもりですので、引き続き応援してもらえたらすごくうれしいです」

と語った。

【Result】
1着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 6万4300点/+84.3
2着 松本吉弘・ABEMAS 1万7200点/▲2.8
3着 黒沢咲・雷電 1万3800点/▲26.2
4着 仲林圭・Pirates 4700点/▲55.3

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +353.6(58/94)
2位 EX風林火山 +308.2(56/94)
3位 渋谷ABEMAS +212.7(58/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +137.7(58/94)
5位 U-NEXT Pirates +76.4(58/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲192.0(56/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲401.4(56/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲495.2(56/94)

大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsPirates

詳細情報
KONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊