魚谷侑未、僅差の初トップ!! 近藤誠一監督に捧げる、フェニックスの初勝利!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

魚谷侑未、僅差の初トップ!!

近藤誠一監督に捧げる、

フェニックスの初勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の11日目、第1戦は魚谷侑未セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。手牌に恵まれず、高打点をものにできない魚谷だったが、放銃を避けて集めた点棒を死守し、萩原を200点かわして逃げ切り勝利。フェニックスに待望の初トップをもたらした。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人U-NEXT Pirates鈴木優、そして魚谷の4名。

東3局3本場、拮抗する点棒状況の下で親の萩原のカン【4ソウ】待ちリーチに滝沢が放銃。赤1・ウラ1の7700点で萩原が頭一つ抜けたトップ目に立つ。

東4局2本場、3着目の魚谷がリーチ・ツモ・ドラ1の1000・2000をツモアガリ。

次局も魚谷は、トップ目の萩原から【中】のみの1000点を直撃。滝沢のリーチ棒も回収して、じわじわと萩原との差を詰める。

さらに次局の南2局には、【發】のみの500オールをツモアガリ。これで魚谷が萩原を200点かわしてトップ目に立つ。

オーラスはラス目の滝沢が、鈴木からハネマンを直撃して3着浮上。魚谷の逃げ切りトップとなった。

魚谷はインタビューで、

「いや〜、ほんとにうれしいですね。高い手は一切なくて、その中でなんとか繋いでトップになったっていうのはすごくうれしいですね。チームがトップがないのが皆さんがもやもやしてたと思うので、さらに今日は近藤誠一監督がいらっしゃってるので、皆さんにトップを届けたいという気持ちはいつもより強かったです」

と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 3万600点/+50.6
2着 萩原聖人・雷電 3万400点/+10.4
3着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 2万5300点/▲14.7
4着 鈴木優・Pirates 1万3700点/▲46.3

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +372.3(9/96)
2位 TEAM RAIDEN / 雷電 +120.5(11/96)
3位 赤坂ドリブンズ +39.7(10/96)
4位 BEAST Japanext ▲1.3(8/96)
5位 U-NEXT Pirates ▲48.1(9/96)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲58.2(8/96)
7位 セガサミーフェニックス ▲76.0(9/96)
8位 渋谷ABEMAS ▲124.6(10/96)
9位 EX風林火山 ▲224.3(10/96)

大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電vsPirates

10月5日(木) 19:00 〜 10月6日(金) 00:00

詳細情報
KONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/