世界一理不尽なゲームに 人生を賭けた者、 白鳥翔に訪れた微差の選択【Mリーグ2023-24観戦記 1/15】担当記者 #江崎しんのすけ

世界一理不尽なゲームに
人生を賭けた者、
白鳥翔に訪れた微差の選択

文・江崎しんのすけ【月曜担当ライター】2024年1月15日

第2試合

東家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)
南家:瑞原明奈(U-NEXT Pirates)
西家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)
北家:勝又健志(EX風林火山)

南1局16巡目
親番の白鳥は選択を迫られていた。

残りツモ2回となった終盤。
タンヤオ・赤2の5,800点のテンパイを入れている。
待ちは【5ピン】【8ソウ】のシャンポン。

引いたのは【6ピン】
2巡前、ほんの少し前まで白鳥はカン【6ピン】でのテンパイだった。

待ちを変えた直後に引いてくる前のアガリ牌。
なんとも間が悪い。

今シーズン不調に苦しんでいる白鳥は、この試合も牌のめぐり合わせに翻弄されていた。

一番印象に残っているのは東4局2本場だろう。

放銃は無いがアガリもなく、ジリジリと点数が減っていた白鳥にチャンス手が入る。リーチ平和ドラ3の【6マン】【9マン】待ち。高目の【6マン】だと出アガリでも跳満スタートだ。

この【6マン】【9マン】がリーチ時にはなんと山に7枚残っていた。
直後1枚が他家に流れたが、それでも7巡目リーチで山に6枚残りは十分すぎる。

ツモれば倍満まで狙える手だけに、試合の勝敗を決めるアガリが出るかと思われた。

しかし…

この6枚生きている【6マン】【9マン】が全く顔を出さない。

それどころか、通りそうな牌を切って粘っていた瑞原から13巡目に【北】単騎待ちの七対子で追いかけリーチが入る。

直後、白鳥が引いたのはまさかの【北】
リーチ一発七対子6,400は7,000点の放銃となった。

白鳥がリーチをかけたのは7巡目で、放銃したのは14巡目。
つまり28枚の牌を4人でツモったことになる。

そして放銃したときの山は残り16枚で、ワン牌を含めると30枚。

白鳥のアガリ牌【6マン】【9マン】は、めくられた28枚の中には1枚もなく、残り30枚の中に6枚全てが眠っていたのだ。

そして2枚生きていた北(この巡目の2枚生きも充分強いが)は、僅か1巡で掴み放銃。

麻雀は有利な方がそのまま勝利できるとは限らないゲームで、今回のようなめくり合いが、麻雀をより面白いゲームにしている側面もある。

もちろん分かっている、分かっているが__

この放銃は「辛い」以外に形容する言葉が見つからない。

この放銃によって白鳥はラス目となり、冒頭の南1局親番を迎える。

トップを取るためには是が非でも加点したい。
安全そうな字牌を切り飛ばし、目一杯に構える。

11巡目、勝又が切った3枚目の【3ピン】をチーしてイーシャンテンに取る。
面前で仕上げれば跳満まで狙えそうだが、巡目と【3ピン】【6ピン】が薄くなってきたことを考えると仕方ない。

直後、3着目の瑞原からリーチがかかる。
実は2巡前からカン【2ソウ】でのテンパイを入れダマテンにしていた瑞原だが、【4ソウ】を引き待ちを【2ソウ】【5ソウ】に変えてリーチ。

そのまた直後、白鳥にもテンパイが入る。
瑞原のアガリ牌【5ソウ】を一枚吸収したカン【6ピン】待ち。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/