その“がらくたリーチ”に込められた決意。高宮まりが選んだ坂道とは⁉︎【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

その“がらくたリーチ”

に込められた決意。

高宮まりが選んだ坂道とは⁉︎

文・花崎圭司【月曜担当ライター】2019年2月11日

 

Mリーグ・レギュラーシーズンも残すところあと2日となった、2月11日(月)。

KONAMI麻雀格闘倶楽部、赤坂ドリブンズ、TEAM雷電の3チームはこの日がレギュラーシーズン全80戦の最終戦、渋谷ABEMASは翌日2月12日(火)の最終日、より盤石な体制に望むため、重要な日となる。

――と、シーズン最後最後になって急に真面目に書いて(いつも真剣に書いているのですが)、アイドルの話はしないのかい! ……という声はないと思いますが、最後もアイドルの話を少し。いや、そこそこやります。

というのも同じ2/11に「日向坂46」というアイドルグループが生まれました。

“ひなたざかフォーティーシックス”

と読みます。

この日向坂46は元々「けやき坂46」というグループで、その名前が変わったのです。ネット検索すればわかると思いますが、このサプライズ発表で、メンバーの女の子たちが泣いています。

「どうして泣くの?」と思っている人が多いと思いますが、それは歴史を紐解くと分かります。

ここで

「これを知っておけば、今日、“日向坂46”について“知ったか”できる」

のコーナー!

元は「乃木坂46」というグループからはじまります。そもそも「乃木坂46」自体「AKB48」公式ライバルとして生まれました。それがツアーチケットがとれないぐらいの人気になったとき、あるプロジェクトが発表されました。

「坂道シリーズ」

乃木坂の姉妹グループ結成の発表でした。乃木坂とは別の「坂」がつくグループを作る。

その名前は

「鳥居坂46」。後の「欅坂46」です。

この「欅坂46」は、ある女の子の登場で揺れます。長濱ねるという女の子で、いろいろあって最終審査を受けなかったのですが、特例として合格したのです。もちろん最終審査を受けた他のメンバーは受け入れがたいものでした。

グループの運営も、長濱を「欅坂46」ではなく、「けやき坂46(通称“ひらがなけやき”)」のメンバーとしての合格としました。

彼女ひとりだけのグループです。

この時は「けやき坂46」をアンダーグループ、言うなれば「2軍」とはいっていませんでしたが、ファンの多くはそう受け止めていました。

そしてこの「けやき坂46」の新メンバーを募集し、「欅坂46」のシングルのカップリングとして曲を発表しました。

長濱ねるは「欅坂46」と「けやき坂46」を兼任していましたが、ハード過ぎることもあって兼任解除。欅坂46専任となりました。長濱ねるの頑張りが認められたということであると同時に、「欅坂」と「けやき坂」の連結部分がなくなった瞬間でもあります。

「けやき坂46」は、2軍、というよりは「欅」という大きな樹に頼っている「けやき」という木のような感じでした。

その後、単独アルバムを発売。けやき坂46メンバーだけの連続ドラマ。けやき坂46の冠番組など活動を広げます。文句なくトップアイドルです。ファンからも「ひらながちゃん」「がなちゃん」と愛されています。

でもメンバーは、「欅」から独り立ちしたいという思いが強かったと思います。「欅」といっしょになるのではなく、ひとつの樹でありたい。

そのタイミングで、この「日向坂46」の改名発表があったのです。

3年の努力が実り、「欅」の樹から離れ、「ひなた」の坂を駆け上ることができるようになったのです。

「ひらがな」という愛称が定着していたので、「ひ」の頭文字をとっての「日向」という命名だと思いますが、1ファンとしてはやはり「ひらがな」に愛着があるので「ひなた坂46」にしてほしかったな、というのはありますが「日向坂46」という名前にも慣れてくると思います。

でも冠番組「ひらがな推し」は、どうなるんだろう? 4月クールから名前が変わるのかな? この番組のMCはオードリーのお二人でとても面白いので、ぜひ一度見てください。私はこの番組で「カラーガード」という存在を知りました。

――はい! ということで、いつもながらここだけで普通の観戦記の分量を書いてしまいましたが、

「日向坂ってこういうドラマがあるらしいよ」

ということで友達や同僚などに話してみましょう。たぶん引かれると思います。

閑話休題。

 

Mリーグです。

第2戦。冒頭に書きましたが、レギュラーシーズンが終わるチームが3つあります。

赤坂ドリブンズ、園田賢

第1戦でラスを引き、ファイナル進出へ黄色信号が灯りました。滝沢和典プロ(EX風林火山)に大三元を放銃してから、リーチで負け、しかもその放銃がかなり手痛いことが多く、「不運」という負のオーラがまとわりついていました。第2戦もラスだと、ファイナル進出は完全に黄色、赤色も見えてきます。

 

渋谷ABEMAS、松本吉弘

ABEMASのドラフト1位、多井隆晴が4連勝10連対を決め、ファイナルのボーダー争いから一気に2位へ。ファイナルでABEMASが勝つには「神様、仏様、多井様」、「雨、雨、多井、雨、多井」ではなく、松本、白鳥翔が活躍しなければいけません。第1戦からの連闘で勝利を目指します。

 

TEAM雷電、萩原聖人

間違いなくMリーグを広めた最大の功労者のひとり。ただチーム自体は、中盤好調だったものの、最下位に。ファイナル進出は絶望的となった。そんな中でどんな麻雀を見せるのか? 雷電らしさとはなんなのか? 髪をオールバックにして気合い十分。頬には黒と黄色の「雷電ペイント」をして、サポーターとともに戦う。

 

そしてKONAMI麻雀格闘倶楽部、高宮まり

Mリーグは終盤戦に入っても、もつれにもつれている。胃が痛み、牌をツモる手も震えるようなこの状況。“メンタル最強”佐々木寿人プロと、数々の修羅場をくぐり抜けてきた前原雄大プロが戦ってきた。

彼女はふたりを応援しつつ、内心では悔しい思いをしているはずである。そうでなければ「Mリーガー」ではない。

出たい。でも、出られない。

「高宮はもう出ないのか?」

というMリーグファンの言葉も本人に届いていたはずだ。

そして最終戦。

ついに高宮まりが登場した。

「待ってました!」

そう思ったのは私だけではないはずだ。

ここで冷静に考えてみよう。

3位・麻雀格闘倶楽部と4位・赤坂ドリブンズの差は74.5pt差。ドリブンズ1着、麻雀格闘倶楽部3着だと逆転される可能性がある。明日最終日に4位で終わると、明日まだ試合があるチームに逆転される可能性が強くなる。

高宮の仕事は

「ドリブンズ・園田」より上で終わることだ。

それで十分だ。

――本当に十分か?

十分じゃないに決まっているじゃないか。

彼女は数多のそしりを受けているはずだ。

「美人雀士」といわれ、仕事をしてきた。

その仕事を通じて「麻雀」に興味をもっていない人をこちらに振り向かせた功績はとても大きい。

でも今回ばかりは。

外見なんてどうでもいい。

ただ勝ちたい。1着でレギュラーシーズン最終戦を終える。

そして「高宮まり」の存在場所を作る。

誰よりも勝ちに飢えていたはずだ。

 

第2回戦は激しい戦いとなった。

東1局、高宮が萩原に満貫の先制パンチを打ったと思ったら、

東2局には逆に萩原が高宮に満貫のパンチを打つ。

東3局、東4局は、園田が萩原に連続放銃。

 

しかもどちらも裏ドラが3枚乗るという、園田にとって天を呪いたくなる展開となる。

高宮は慎重にかつ虎視眈々と上位を狙う。

テンパイする。

危険牌を持ってくる。テンパイ外し。

懸命に迂回。そして再びテンパイ。

また危険牌を持ってくる。育てた手牌に溺れず丁寧にオリる。放銃しないことが、育てた手牌への恩返しになる。

放銃ケアをしながら粘り強く攻めていく。

 

南1局3本場 供託1本 ドラ

松本がリーチをかける。

そこに持ち点4500点で苦しむ園田が粘りに粘って追っかけリーチ。

そして高宮の手牌からが放たれる。

それは松本のロン牌だ。

リーチ・チートイツ・赤。6400は7300点の放銃。

松本より親の園田には放銃したくない。園田のゲンブツ、を切り、それを松本に討ち取られた。

高宮は3着目と厳しい状態になる。

しかしそれ以上に園田が厳しい。勝負手が入るがなかなかツモれない。高宮の放銃は、結果、勝負手と虎の子の親を流すことになった。

 

南3局。高宮の親だ。

ここで加点してトップに行く。

高宮は流局で粘り、2本場となる。

もう一度言う。

園田の上で終わるのが目的ではない。

「勝つ」のが、私の目的だ。

南3局2本場 供託3本 ドラ

園田がリーチ。

そしてをツモった。

2000・4000は、2300・4300に供託3000点。

高宮は園田に100点まくられ4着。最下位だ。

ここで彼女の方針が「園田より上で終わる」に変わったと思う。

しかし園田の手にはギフトがきていた。

無駄ヅモが1回もなく、4巡目で園田がツモアガりを決めた。

結果、4着となった。

この結果を、Mリーグファンはどう見ますか?

南3局に戻る。

南3局 ドラ

試合序盤は気負いからなのか、松本の手が多少震えていたが、後半は摸打リズムを取り戻していた。7巡目に気持ちよく先制リーチをかける。

他三者粘りつつもテンパイを目指す。

その中で最初にテンパイを入れたのが、高宮だ。

高宮はを切り、牌を横に曲げた。

ペン待ちリーチ。

KONAMI麻雀格闘倶楽部のお家芸、

“がらくたリーチ”だ。

しかもアガり牌は、自分の捨牌ののスジ、はリーチ者・松本のゲンブツだ。

極上のがらくたリーチ。

彼女にも麻雀格闘倶楽部イズムが、がらくたイズムが流れている。

結末は両者流局となった。

しかしだ。

ノータイムで、静かながら強い声で、リーチを掛ける。手さばきもしなやかながら芯がある。

その時の彼女の姿を見て、惹かれない人がいるだろうか。

極論を言えば。

彼女はMリーガーである前に、KONAMI麻雀格闘倶楽部所属のプロなのだろう。

他選手のほとんどは、「チームの選手」である前に「Mリーガー」として戦う、という気持ちでいるはずだ。また、それがMリーグ1年目の模範とされる答えでもある。

でも彼女は、まずチームのために戦う。その姿が、Mリーグのためになる。

他選手も「チームへの愛」がシーズン開幕の時より高まっているはずだ。それはサポーターの数と比例しているはずである。

この後も彼女は

「KONAMI麻雀格闘倶楽部」

として、

「チームがらくた」として戦う。

その気持ちはファイナルでの戦いにおいて、彼女の強さの土台となるはずだ。

 

花崎圭司(はなさきけいじ)

放送作家・小説家・シナリオライター。映画化になった二階堂亜樹の半生を描いた漫画「aki」(竹書房刊)の脚本を担当。

 

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV