松本吉弘、「とてつもなく嬉しい」1勝!! 3ヶ月ぶりに手にした勝利!!

松本吉弘、
「とてつもなく嬉しい」1勝!!
3ヶ月ぶりに手にした勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の66日目第2戦は、松本吉弘渋谷ABEMAS)がトップを獲得。

序盤に大きく失点した松本だったが、徐々に回復してオーラスは朝倉との熾烈なトップ争いを演じる。3本場にドラアンコの手をもらった松本が、朝倉からマンガンを直取りして逆転。約3ヶ月ぶりのトップを獲得した。

2回戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳U-NEXT Pirates朝倉康心、そして松本。

東1局、松本は親の勝又のイッツー・ドラ1・赤1のヤミテン、ペンに放銃。いきなり12000点を失点してしまう。

しかし次局の1本場、松本はリーチ・ピンフ・ツモ・ドラ1・ウラ1の8000点のリカバーに成功。

南2局1本場には、松本はリーチ・ピンフイッツー・ウラ1の8000点を岡田から徴収。

南3局、岡田の先制リーチに親の松本は果敢に追いかける。結果、ピンフ・赤1・ウラ1を岡田から討ち取って12000点。松本がついにトップ目に立つ。

南4局2本場には、親の朝倉が勝又から12000をアガッて、トップが入れ替わる。

そして迎えた3本場、ドラ3の手牌をもらった松本は2つチーして、タンヤオのテンパイ。単騎待ちを朝倉から直撃して、逆転勝利。

松本が約3ヶ月ぶりのトップで、2勝目を獲得した。

勝利者インタビューで松本は「東1局に12000点を放銃して、またかみたいな感じだったんですが、もがいて嘆けるほど自分が達者だとは思ってないし、反省はたくさんありますが、今日は渋谷でアベマズのパブリックビューイングをやっている中で、僕がポイントを溶かしているのが不甲斐なくて、支えてくれている方に、おまたせしてすいません、今日はトップ取れてよかったです、とお伝えしたいですと語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 4万5600点/+65.6
2着 朝倉康心・パイレーツ 3万8600点/+18.6
3着 勝又健志・風林火山 1万7300点/▲22.3
4着 岡田紗佳サクラナイツ ▲1900点/▲61.9

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +317.0(66/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +130.5(66/90)
3位 TEAM雷電 +55.4(66/90)
4位 U-NEXT Pirates +18.2(66/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲6.9(66/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲72.1(66/90)
7位 EX風林火山 ▲139.5(66/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲302.6(66/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

1月28日の対戦は
風林火山 vs サクラナイツ vs ABEMAS vs Pirates

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:鈴木たろう
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 EX風林火山 vs KADOKAWAサクラナイツ vs 渋谷ABEMAS vs U-NEXT Pirates

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!