二階堂瑠美、高打点連発で個人4勝目!! 風林火山に13戦ぶりの朗報をもたらす!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

二階堂瑠美、

高打点連発で個人4勝目!!

風林火山に13戦ぶりの

朗報をもたらす!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の79日目、第2戦は二階堂瑠美EX風林火山)が、トップを獲得。東場でマンガン・ハネマン・親マンガンと大量得点を稼いだ二階堂が快勝。4勝目を得て、風林火山に13戦ぶりの勝利を持ち帰った。

第2戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲U-NEXT Pirates小林剛、そして二階堂の4名。

東2局、【白】を仕掛けた二階堂がドラ2・赤1のツモアガリ。2000・4000で頭に立つ。

東3局は黒沢が魚谷からマンガンを直撃し、迎えた1本場では二階堂がピンフイーペーコー・ドラ2・赤2のダマハネマンを魚谷から討ち取る。

二階堂の一人テンパイでの流局を挟んで東4局1本場、親の二階堂が小林とのリーチ合戦で小林を返り討ちに。ピンフタンヤオ・ドラ1の親マンガンで東場で6万点を超える大きなトップを獲得。

二階堂が、風林火山に13戦ぶりに勝利をもたらした。

二階堂はインタビューで、

「(13戦ぶりのトップについて)すごい下の方の泥の中をこうやってみんな歩いてるところだったんですけど、まぁなんとかうれしい結果でよかったですね。チームとして12月1月、全体的に厳しくて勝負にも参加させてもらえない状態が多かったんですけど、最近は2着が取れたりとか展開が変わってきてそろそろトップ取れるかもねみたいなところでのトップだったので、よかったです」

と語った。

【Result】
1着 二階堂瑠美・風林火山 5万8500点/+78.2
2着 黒沢咲・雷電 2万8600点/+8.6
3着 小林剛・Pirates 2万8200点/▲11.8
4着 魚谷侑未・フェニックス ▲1万5000点/▲75.0

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +497.5(68/96)
2位 U-NEXT Pirates +363.7(72/96)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +275.1(68/96)
4位 赤坂ドリブンズ +260.5(70/96)
5位 渋谷ABEMAS +71.4(70/96)
6位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲236.7(72/96)
7位 EX風林火山 ▲266.9(72/96)
8位 BEAST Japanext ▲439.9(70/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲524.7(70/96)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsフェニックスvs雷電vsPirates

2月8日(木) 19:00 〜 2月9日(金) 00:00

詳細情報
EX風林火山vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

EX風林火山
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:石橋伸洋
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsフェニックスvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/