【Maru-Jan 20周年】「人間麻雀」が有明コロシアムで開催!

2024年3月23日(日)、東京の有明コロシアムにて、オンライン麻雀「Maru-Jan」のサービススタート20周年を記念しての一大イベント「人間麻雀」が開催された。

 

 

「人間麻雀」は、参加者136名がそれぞれ麻雀牌となってゲームを行っていく世界初の試み。牌の柄には覆いが被せられており、それをめくることで牌が分かるようになっている。あまりに荒唐無稽な企画は発表当初から多くの反響を呼び、麻雀牌役にはなんと、5113名もの応募があったとのことだ。なお、参加者には謝礼1万円が支払われ、アガリ役の牌姿になっていた人にはさらに1万円の特別賞が出ることになっている。

 

 

対局者は瑞原明奈プロ・日向藍子プロというMリーガー、Mリーグレギュラー解説の石橋伸洋プロ、Maru-Jan開発責任者の栢孝文さん。実況・松嶋桃プロ、解説・土田浩翔プロと、配信席も非常に豪華なメンバーとなった。

 

人間麻雀1局目は「役満縛り」で実施。配牌から各者に役満が見える手牌が入ると、序盤から積極的な鳴きの応酬となり、どんどんフーロが増えていく。4者全員が役満のテンパイを入れ、最後は単騎選択を牌同士のじゃんけんで決めさせた石橋プロが清老頭【1ピン】単騎でツモってアガリをものにした。

 

 

 

2局目は洗牌からサイコロで取り出しを決めるなど、競技麻雀モードの真剣勝負に。瑞原プロの先制リーチに仕掛けの栢さん、ダマテンの石橋プロがぶつかり、最後は石橋プロが栢さんに放銃して決着した。

 

対局中は対局者や手牌、ギャラリーのメンバーの間に一体感が生まれ、テンパイ時には手拍子でツモを求めるなど盛り上がる場面も。ターツやメンツになった人たちで仲良くなるようなところも見られ、参加者にとっても麻雀人生における思い出深い1日になったに違いない。

一般参加の角葉子プロ(RMU)は1局目の清老頭の手牌となり、特別賞をゲット。

「麻雀牌になりたいとはいつも考えていましたけど、本当になれるとは思っていなかったです。でも、やってみたら結構シュールでしたね。隣の人とかともおしゃべりできて、みんな麻雀がすごく好きなんだなって思いました」

YouTuberのきみやすさんは松本吉弘プロ(渋谷ABEMAS)を模した出で立ちで参加。

「僕、『赤ウーがツモりてえんだ』ってYouTubeチャンネルをやっているんですけど【赤5マン】になると決まったところから記憶がないです。少し松本さんに似てるんで、そこをいじってもらえてよかったです。麻雀ってめちゃくちゃ面白いんで、盛り上がっていきましょう!」

参加者最年少は8歳の女の子。千羽黒乃さんをきっかけに麻雀を覚えたとのことだ。

【6ソウ】は真ん中の牌でくっつきが5種類あるので、自分が【6ソウ】だと分かったときは『やったー』って思いました。知り合いもたくさん増えたのでよかったです」

Maru-Jan開発責任者 株式会社シグナルトーク代表取締役 栢(かや) 孝文さん

「本当にすごく楽しい娯楽で、もちろん会場の皆様、ライブ配信をご覧の皆様に楽しんでいただけるように頑張ったつもりなんですけど、実際は僕がすごく楽しかったです。参加者の方の『参加している感』、しゃべれないけど牌の人たちがアピールするとかも、すごく面白かったです。

企画したのは自分なんですけど、『こいつ、本当にバカだな』と思ったと思うんですよね。それはみんなにも言われました。でも、徹底的にバカになりきるのも、いいかなと思っているんです。

こんなことをやっても無駄でしかないかもしれませんし、コストも何千万とかかっていますけど(笑)、こういう楽しみが人生のゆとりとか、うるおいになっていくと思っています。

日本も世界も、いろいろいやなこともいっぱいある感じですけど、こうやって純粋に楽しむというふうにやっていけば結構人生楽しいですし、そうやって生きていくところを持っているので『こいつバカだな』と思っていただいて少し緩んでいただければという感じでした」

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/